ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

朝木直子・傍聴人「撮影」事件
 比較的平穏に審議日程を消化していた平成21年度東村山市議会6月定例会で、一般質問の最終日となった6月5日、「草の根市民クラブ」の朝木直子に対し、議長がわざわざ時間を割いて公人としての振る舞いについて苦言を述べるという珍しい出来事があった。                            (宇留嶋瑞郎)

傍聴は市民の侵されざる権利

 一般質問の初日である6月2日12時過ぎ、議会が昼の休憩に入ったため2人の傍聴人が1階に降りてきた。すると市役所正面玄関付近で朝木直子が傍聴人2名に対してカメラを向けたというのである。傍聴人の1人は大声で「写真を撮るな」と抗議したが、朝木はすぐにはカメラを引っ込めようとはしなかった。傍聴人が2度、3度と抗議すると、朝木はようやくカメラをしまい、無言のまま、その場を離れた。朝木の歩いていった先には同じく「草の根」の矢野穂積が待っていた。矢野はこの出来事の一部始終を見ていたのだろう。

 傍聴人2名はただちに議会事務局に抗議した。これを知った議会は事態を重視、その日のうちに会派代表者会議を開いて対応を協議したが、自民、公明だけでなく共産党もまた「議員としてあってはならない行為」ということで意見が一致したという。この結果、東村山市議会は傍聴人2名に対して文書でくわしい経緯を提出するよう要請した。

 市民の議会傍聴は、市民の代表である議員によって構成される議会で、どのような問題がどのように審議されているかを市民が直接に知る機会を保証するきわめて重要な権利である。傍聴を希望する市民は傍聴にあたり、傍聴規則に従うことを求められる以外になんらの制限も受けることはないし、その目的や身分を問われることもない。目的を問うこと自体、傍聴の自由を制限することにつながることは明らかである。

 議会には政治的立場を異にする会派が存在しており、ある会派にとっては政治的主張を異にしたり、中には敵対関係にある市民が傍聴に訪れることもあり得る。そういう状態を受け入れるのが民主主義であり、敵対する者が傍聴に来ることを阻止するようなことは許されない。

 朝木が傍聴人にカメラを向け、傍聴人が写真を撮られることを拒否しているにもかかわらずカメラを向け続けた行為は、傍聴人に対する嫌がらせであり威迫行為である。東村山市議会に傍聴に行けば議員(とりわけ矢野と朝木)から写真を撮られるかもしれないということになれば、市民の議会傍聴に行こうという意欲を萎縮させかねない。すなわち、実際に撮影したかどうかにかかわらず、議員が傍聴人にカメラを向けるという行為は民主主義の根幹を脅かすものにほかならない。

傍聴人にカメラを向けたのは2度目

 実は、「草の根」が傍聴人に対してカメラを向けたのはこれが初めてではない。平成15年6月議会でも矢野が議場内から傍聴席にカメラを向け、当時の渡部議長(現市長)から追及され、厳重注意を受けたことがある。

 このとき矢野は、「何のことだ」「写真など取っていない」などと反論。議会としても強制力をもってカメラを調べることまではできないため、議長がデータの削除を要求するとともに、2度とこのようなことをしないようにと口頭で注意するにとどまった。

 矢野が何のために傍聴人を撮影しようとしたのかはわからないものの、矢野にしても朝木にしても、傍聴人にカメラを向けることなど何とも思っていないのだろう。

見識示した東村山市議会

 2名の傍聴人から当日の状況を詳細に記載した文書が議長の手元に届いたのは6月4日である。議会は再び代表者会議を開いた。その代表者会議では共産党が一転して当初の意見を翻し、「議会として何もする必要がない」と主張したという。しかし共産党以外は、議会としてなんらかの見識を示すべきとする意見が大勢を占めた。こうして、川上隆之(公明)議長が注意を与えることになったのである。

「注意」は午後4時35分ごろ、代表者会議で「議会として何もする必要がない」と主張した共産党、田中富造の質疑終了をもって休憩とし、休憩中に行われた。川上議長の発言は以下のとおりである。



 朝木議員に申し上げます。先日、傍聴に来ていた複数の人から議長宛に手紙や要望書をいただきました。

 その内容は、傍聴して市役所を出たところで、いきなり朝木直子議員からカメラを向けられた。あまりにも突然で何の断りもなく、非常に失礼だ。

 議会として会議中の出来事ではありませんので懲罰の対象にはなりませんが、市議会内外にかかわらず、議員として、そして公人としての自覚を持って行動していただくよう一言申し上げておきます。



 いかに議場外の出来事であるとはいえ、傍聴人から訴えがあったにもかかわらず、議会としてなんらの対応もしなければ、東村山市議会は朝木の常識では考えられない行為を黙認したということにもなりかねない。議場外の出来事ということで議会としてやりにくい面をもあったと思うが、なにより傍聴人を萎縮させ、議会から市民を遠ざける朝木の行為に対して議会としての良識を示した今回の決断は評価できよう。

 しかし問題は、朝木と矢野が議長の苦言をどう聞いたかである。矢野と朝木はまさか本会議場で取り上げられるとは考えていなかったのか、傍聴人にカメラを向けたことを否定せず、あからさまな反論もしなかった。しかし、かといって2人に反省の素振りはみじんもなかった。朝木は終始ニヤニヤしたまま「(議場外だから)関係ないでしょ」「余計なお世話」などと小声でうそぶき、矢野も独り言のように「(議場外だから)関係ないだろ」「法令違反だ」「よくもやったな」などと敵愾心をむき出しにした。

 行為そのものの本質ではなく、形式論(行為の場所など)のみで反論しようとしているところはまさに「草の根」らしいが、議場で「よくもやったな」などというセリフはめったに聞けるものではあるまい。議長の苦言に対する彼らのこの反応こそ、矢野と朝木の特異な本質をみごとに現していよう。

(了)


テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済

TOP
第2次朝木直子・傍聴人「撮影」事件
踵を返した矢野

 平成26年3月4日午後12時5分ごろ、東村山市議会議会事務局で傍聴手続きをすませた直後、議員控室前のロビーにいた私のところに受付の職員がわざわざやってきて、たった今、午前中に行われていた3月定例会本会議の一般質問は昼の休憩に入ったことを教えてくれた。午後の再開は13時20分となった。

 ロビーは四角い本会議場の議長席の裏手に接する角にあって、その外側に議長室、会議室が並び、ロビーの角の頂点から右に各会派の控室が並んでいる。ロビーの中央部には低く大きな丸テーブルが2つとそれぞれに6個ずつ椅子が配置され、議長室側から見て右の角には議員用のコピー機が置かれている。

 昼休みになると、ロビーでは議員を待つ市民をよくみかけるが、この日は誰もおらず、休憩に入った議場からは緊張から解放されたようなざわめきが漏れ聞こえてきた。そこに元東村山警察署副署長の千葉英司が傍聴席の方からやってきた。胸には議会事務局が交付した傍聴章を付けている。千葉は午前中の会議を傍聴していたのだった。

 私たちがロビーの議長室側の端で挨拶を交わしていると、私たちから見てロビーの右側の角、コピー機の向こう側にちらっと矢野穂積の姿を認めた。矢野の来る方向から左回りにロビーを抜けたところに議会事務局があり、その正面にエレベーターがある。矢野は昼食にでも行こうとしているようだった。

 ところが、こちらに来ようとしているように見えた矢野はどうしたのか、いったんロビーの角から踵を返して姿を消した。こっちには来ないのかと思っていると、その直後、今度は朝木直子と並んで姿を現したのである。

準備していた朝木

 事件は次の瞬間に起きた。朝木が矢野の前に回り込み、ロビーの右角にあるコピー機の前に来るとさっと携帯電話を構え、千葉の方向に向けたのである。シャッター音が聞こえたため、千葉はすぐに「写真を勝手に撮るんじゃない」と抗議した。すると朝木の後方にいた矢野が、朝木に代わって「後ろを撮っただけだよ」と弁解した。もちろん市会議員の矢野は、無断で人の写真を撮ってはいけないことを知っているのである。

 しかし、朝木がロビーの角から姿を現してから千葉を撮影するまで5秒もかかっていない。千葉がいることに気づいてから撮ろうとしたのでは、ここまでの早業はとうてい不可能である。矢野は最初にロビーの角に来たとき千葉の存在に気づき、戻って朝木に知らせたのだろう。

 私の記憶では、朝木は千葉に携帯電話を向けた際、それをどこかから取り出したのではなく、すでに手に持っていた。つまり朝木は、ロビーに現れる前から千葉の写真を撮るという強固な意思を持っており、すぐに構えられるように準備していたのだと思う。千葉はなおも抗議したが、彼らは嘲るような笑みを浮かべたままエレベーターに逃げ込んだ。

5年前にも議長が「注意」

 議会規則を定める前提として、市役所内や控室前ロビーなら議員が市民に対して嫌がらせ目的でカメラを向けてもいいと考える議員が存在することは想定されておらず、同規則は議場内の行為しか対象にしていない。しかし矢野と朝木は現実に本会議場内外で、傍聴人を撮影する行為を繰り返している。矢野は第三者が本会議中に議場内で無断撮影した傍聴人の写真を使用したこともあるから、第三者を使って撮影させるという可能性も否定できない。

 平成21年6月議会の際にも、市役所玄関付近で朝木が千葉ら2名の傍聴人にカメラを向けて撮影したことがあった。千葉が抗議すると、今回と同様に、そばにいた矢野が「後ろのスロープを撮っただけ」などと言い訳したという。

 このときには、千葉ら2名は議長に対し、東村山市議会として朝木に対してなんらかの対応をするよう求める要望書を提出。東村山市議会の代表者会議は共産党を除いて「議会としてなんらかの見識を示すべき」との意見が大勢を占めた。この結果を受けて、議長は本会議の休憩中に朝木に対して異例の注意を行った。

 会議を「休憩」とした上で注意したのは、朝木が千葉らにカメラを向けた行為が議場内でなされたものではなく、議会としての処罰対象とはならないからだった。しかし、いかに「休憩中」とはいえ、本会議場で議長がわざわざ議事の時間を割いて注意をした意味は重いはずである。普通の議員なら重く受け止めるところだろう。

市民を議会から遠ざける行為

 しかし再び朝木が千葉にカメラを向けたことで、朝木も矢野も5年前に議長から受けた注意を何とも思っていなかったことが明らかになった。議会を軽視していると言い換えてもよかろう。

 今回の朝木の行為も議場内の出来事ではない。しかしこの行為は、東村山市議会議員が本会議場脇のロビーで無断で市民にカメラを向け、シャッターを切ったものであり、カメラを向けられた側とすれば嫌がらせか威迫行為に等しく、とうてい看過できるものではない。

 矢野と朝木が立ち去ったあと、千葉は議長に面会を求め、厳重な対応を求めた。面会の場には私も証人として、また議会側からは副議長が立ち会った。千葉の抗議に対して議長は「議会としてなんらかの対応をしたい」と述べた。

 のちに聞いたところによると、議長の対応は早かった。午後の再開前に開いた代表者会議で議長は、「朝木から写真を撮られた」として傍聴人から抗議があったことを報告した上で、朝木が所属する会派「東村山を良くする会」の代表である奥谷浩一に「朝木さんに、今後市民に対してそのようなことはしないように伝えてもらえませんか」と話しかけた。しかしこれに対して奥谷は「ウチの会派はすべての考え方が一致しているわけではない」(趣旨)という理由で断ったとのことである。

 議長はその後開かれた本会議ではその件には触れず、閉会後、朝木を呼んで注意した。すると朝木は「写真は撮っていない」と撮影の事実を否認し、当然、反省の意思を示すことはなかったと聞く。万引きを苦に自殺した朝木の母親が、万引き事件で警察から呼び出されても、アリバイ工作が崩されるまでは頑として容疑を否認したことを思い出す。

 ただ仮に朝木が写真を撮っていなかったとしても、議会として、議員が傍聴に来た市民に少なくともカメラを向けたことを見過ごしにしていいのだろうか。傍聴に来た市民が議員からカメラを向けられれば、市民はもう怖がって議会を敬遠するようになろう。議員が市民を議会から遠ざけるような行為をしていいのか――今回の朝木の行為は、そういう問題でもあるのではなかろうか。

(了)
TOP
第2次朝木直子・傍聴人「撮影」事件(その後)
「要望書」を送付

 平成26年3月4日昼、元東村山警察署副署長だった千葉英司が東村山市議会を傍聴に行った際、議会控室前のロビーで前「草の根市民クラブ」で現在は「東村山を良くする会」(代表奥谷浩一)の朝木直子から携帯電話で写真を撮られた件で、東村山市議会議長は朝木を呼んで注意をしようとしたが、朝木が撮影の事実を否認したため、議長は注意するのを断念したようだという話が漏れ伝わってきた。なお当日、議長に対して口頭で厳重な対応を求めた千葉に対して直接の連絡はまだなかった。

 そこで千葉は議長宛に3月17日、「要望書」と題する以下の文書を送付し、重ねて厳重な処分を行うよう求めた。



「要望書」

 私は、平成26年3月4日、貴議会事務局から許可を受けて、本会議を傍聴しました。議会が休憩になり、私が議場隣りのロビーで知人と挨拶を交わしていた際、朝木市議が、約4メートル先から無言で私に携帯電話を向けてカメラのシャッターを切りました。私はその場で同市議に抗議しましたが、同市議は、嘲るような笑みを浮かべてエレベーターに逃げ込みました。その直後に、私は目撃者を伴って議長殿に、肖像権を侵害した同市議に対する処分を要請しました。仄聞するところによると、同市議は、議長殿に対し「撮影はしていない。」と返答したとのことですが、その返答は事実ではありません。

 朝木市議が傍聴者の私を無断で写真撮影したのは今回が2回目であります。前回は、平成21年6月2日、本会議が休憩になり、私が市役所玄関を出た途端に後ろから来た朝木市議が私の前方に回り込み、約5メートル先から無言でカメラを向け数回シャッターを切りました。私は、当時の議長に、同市議に対する処分を要請し、議長は本会議場で休憩時に同市議に対し注意をしました。

 後日、朝木市議は、自分が編集長であるインターネット版の東村山市民新聞のトピックスの《東村山市議会関係の『変えよう!議会を「親創価」に』》で前回撮影に関する記事を掲載しました。その記事では、私の「千葉」の氏をあえて「チバ」と表現した上で、

「チバを見かけた朝木市議が一計を案じ、撮影するポーズをわざと続けたところ、チバが見事に嵌り、毛ばりにかかり、撮影されたと勘違いし市民の面前で怒鳴り長い時間切れまくった。多くの市民が怒鳴り声に眉をひそめてそばを避けるように遠ざかっていた」

 等として私を誹謗中傷しました。注意をした当時の議長をも、「漫画チックなお笑いをやった」等として誹謗しました。以上の記事は現在も掲載されており、かように卑劣な手法で他者を誹謗中傷して自己の不正行為を正当化しました。朝木市議は前回議長から注意を受けたにもかかわらず、再び私に対して同様の行為を繰り返したのです。

 また今回、仮に朝木議員が写真を撮っていなかったとしても、市議会議員からカメラを向けられた時点で私は強い精神的苦痛を覚えました。傍聴に来た者としてとうてい許せる行為ではありません。

 上記のとおり、今回の朝木市議の行為は極めて悪質なものであり、朝木議員に対し、改めて厳重な処分を求めるものです。



 前回の件では、矢野穂積(前「草の根市民クラブ」代表)は朝木が「撮影するポーズ」をしただけだから問題ないなどと朝木を擁護したが、強制的にカメラを点検しないかぎり、実際に撮影していないかどうかを確認することはできない。また議会にそのような強制力はなく、しかも朝木が千葉ら傍聴者にカメラを向けたのは、市役所の敷地内ではあっても議場内ではなく、議長が朝木に対してなんらかの処分等を行う規則上の根拠もなかった。

 したがって、本会議場において、休憩中であるとはいえ、議長が朝木に対して直接注意を行ったのはきわめて異例のことだったといえる。市民の常識からすれば当然と思えるかもしれないが、規則を制定した議会もまた「議員が傍聴者に対して悪意をもってカメラを向ける可能性がある」とは考えもしなかったのである。

 議場内で議長が一議員に対して注意を行うのは重大なことであり、普通の議員なら、自らの行為を深く反省し、繰り返さないよう努力するところだろう。しかし朝木の場合には、議長の注意を何とも思わなかった。だから今回もまた、「東村山を良くする会」の朝木直子は同様の行為を繰り返し、それを横で見ていた同会派の矢野穂積は朝木の行為を止めるどころか、千葉の抗議に対して朝木を擁護したのである。

せせら笑いを浮かべた朝木

 しかし仮に撮影が実際にはなかったとしても、市会議員が自らの政治見解や政治姿勢に批判的な市民にカメラを向けたとすれば、それは市民がいかなる形であれ市政に関与しようとする気持ちを著しく阻害し、萎縮させることになりはしないか。矢野と朝木はともかく、「東村山を良くする会」の代表の奥谷浩一としても、まさかこれを市会議員としてふさわしい行為とは考えないのではあるまいか。

 万引きの被害者を脅し、あるいは議席譲渡事件を引き起こした人物であることを知りながら矢野、朝木と手を組んだ奥谷はともかく、朝木の行為を議長はどう判断し、また朝木に対して具体的にどんな対応をするのか。千葉が「要望書」を送付した時点で3月議会の最終日までにはまだ10日あった。

 千葉の「要望書」に対して議長が最終的な判断を行ったのは平成26年3月26日、東村山市議会3月定例会の最終日だった。午後の再開前、議長は前触れもなく「再開前に、朝木直子議員に申し上げます」と述べて、次のように続けたのである。



(議長による注意の内容=趣旨)

 ある傍聴者が議場隣のロビーで知人と挨拶を交わしていたところ、いきなり朝木直子議員にカメラを向けられ、シャッターを押された。傍聴者はその場で抗議したが、朝木議員はそのままエレベーターに乗って逃げたとのことです。

 数年前にも同様のことがあり、朝木議員は当時の議長から本会議場で注意を受けたにもかかわらず同じ行為を繰り返しており、議会として厳重な処分をしていただきたいということであります。

 会議中の出来事ではありませんので、これについては処分の対象外ですが、議会内外にかかわらず、議員として、公人としての自覚を持つようにお願いします。



 静まり返った本会議場に議長の声だけが低く響いた。朝木はこれまでのように激しく反発するかと思われたが、今回はあざけるような表情を浮かべて議長の様子を見ているだけだった。

 ところが議長の注意が終わろうとするころ、朝木は一声だけ意味不明の叫び声を上げた。自分に向けられた批判に対しては、自らを顧みるのではなく、理屈を超えて、その場で反撃しなければ気がすまない朝木特有の非理性的自尊心をとうとう抑えることができなくなったようにみえた。少なくとも議長の言葉を誠実に受け止めたという態度でないことは明らかだった。市民に無断でカメラを向け、シャッターを切ったことについて相変わらず朝木は、悔恨はもちろん、なんら反省の意思など持ち合わせていないのだった(朝木が非を認めて反省するような誠実さを持ち合わせていれば、最初から同じ行為を繰り返しはしない)。

 では、今回も朝木が千葉にカメラを向けてシャッターを切る現場にいて、千葉に対して「(おまえの)うしろの壁を撮っただけ」などとうそぶいていた矢野はどんな反応だったのか。矢野は議長が注意している間じゅう、議長の方にも朝木の方にもいっさい目もくれず、ただ書類をいじっているだけだった。「写真撮ったのは俺じゃないし、関わり合いになりたくない」とでもいうみたいに。

 議長が朝木に対して行った注意は、議会と市民との信頼関係という意味からも必要かつもっともなものだったと思う。しかし、注意を受けた当の朝木と現場にいた矢野はなんら反省の態度をみせなかった。やはり市民にとっては、彼らからカメラを向けられる恐れがなくなったとはいえないということになろうか。

(了)
TOP