ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

「重要容疑者」事件 第9回
 平成7年9月1日午後9時19分、朝木明代は自宅から事務所にいた矢野に「ちょっと休んで(から事務所に)行きます」という電話をかけた。明代は午後10時ごろ、東村山駅前のビルから転落、死亡したが、矢野によれば、9時19分の電話のあと明代は事務所には立ち寄っていないという。

 しかし、この矢野の説明は事実なのか。当初矢野が主張していた「事務所からの拉致説」を自ら否定した事実、その後「自宅からの拉致説」に変遷した事実、警察の捜査では拉致を裏付ける事実は発見されていないこと、明代の自宅から自殺現場に向かう途中には矢野のいた「草の根」事務所があること、明代は「事務所に行く」といっていたことなどを総合すると、明代は実際には自殺直前に事務所に立ち寄っていたのではないかという疑いをぬぐいきれない。

一審判決を変更

 矢野と明代は万引き容疑で東京地検の取り調べを数日後に控えていた。自殺直前に明代が事務所に立ち寄っていたとすれば、万引き容疑で東京地検の取り調べを数日後に控えていたという背景から矢野と明代の間で何かがあった可能性があるのではないか――この点について柳原はブログにおいて、

〈おそらく、このビルにたどりつく前にだれかと争った可能性も考えられるが、本人が死亡した以上、そのことを確定させることは困難と見られる(ただしそれは事件性の有無と結びつくものではなく、この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人)。〉

 と記載した。この記載をめぐり東村山市議の矢野穂積が提訴していた裁判で東京高裁は平成23年11月17日、一審から減額したものの、柳原に対し20万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 一審判決では記事全体について〈朝木議員の転落死の原因が、明らかな自殺にあることを示す記述とはなっていない。〉などとし、最終的に「重要容疑者」との文言について〈原告が、何らかの犯罪行為、すなわち、自殺幇助のみならず、殺人、傷害致死、過失又は重過失致死等といった容疑を含む行為を引き起こしたとして、捜査機関の嫌疑を受けている「重要容疑者」である事実を指摘する表現であるといわざるを得ない。〉と結論付けた。

 では、これに対して東京高裁は「重要容疑者」についてどんな判断をしたのか。東京高裁はこう述べた。



 ④(筆者注=『この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人』とある部分)を除く部分において述べられている内容を要約すると、……本件記事は、朝木議員の転落死は自殺であろうけれども、この自殺には同議員の背後にいる被控訴人が関与しており、被控訴人には何らかの方法で自殺に関与した犯罪の嫌疑があるとの事実を暗に摘示したと見るのが相当であり、同議員が転落死する原因に関する控訴人の意見を表明した論評にとどまるものではない。



 本件記事に対する理解において大きく異なるのは、一審の東京地裁が「明らかな自殺であることを示すものではない(「他殺」の含みもある)としているのに対し、東京高裁は「自殺であるとする記述である」としている点である。しかしそれでも東京高裁は、「被控訴人には何らかの方法で自殺に関与した犯罪の嫌疑があるとの事実を暗に摘示したと見るのが相当」とした。判決内容の変更はこの違いによるもののようである。

明白な事実誤認

 すなわち東京高裁は、明確には判示しないものの、「重要容疑者」との文言について記事全体の意味内容を検討した上で「何らかの方法で自殺に関与した犯罪の嫌疑がある」との趣旨であると判断したとものとみられる。ただ、東京高裁は「この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人」とある部分を除く部分について検討したと述べるが、現実的にそのようなことが可能なのだろうかという疑問もないではない。

 やはり東京高裁も、「この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人」との文言を意識しているがゆえに記事全体の趣旨について〈被控訴人には何らかの方法で自殺に関与した犯罪の嫌疑があるとの事実を暗に摘示した〉ものと理解したということはあり得ないのだろうか。

 仮にその可能性があるとすれば、控訴審判決には今回の判断に重大な影響を与えたかもしれない明白な事実誤認がある。東京高裁は「この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人」とする文言について次のように述べている。



 本件記事のうち、『この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人』とある部分(④)と上記摘示事実(筆者注=「何らかの方法で自殺に関与した犯罪の嫌疑がある」との摘示事実)との関係は必ずしも明らかではなく、④の記述だけを取り上げれば、朝木議員が転落現場のビルに赴く前に何者かと争った可能性もあり、その相手が被控訴人であった可能性が高いと読むことも不可能ではないが、仮にそうであれば、『この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人』との部分にわざわざアンダーラインを引いて強調する必要はない……



 柳原がブログで「この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人」との文言にアンダーラインを引いた事実はない。矢野が提訴の際、ブログ記事のコピーを甲1とし、ブログ記事をコピーして貼りつけたものを甲2として提出したが、甲2の「この件ではむしろ矢野は重要容疑者の一人」との箇所にアンダーラインを引いていた。東京高裁はこれをブログのコピーと勘違いしたのだった。明白な事実誤認である。

 東京高裁はこの明白な事実誤認の上で、さらに次のように断定している。



 控訴人は、この部分を強調することによって、被控訴人が『重要容疑者』であるとのイメージを読者に植え付け、そのことで、朝木議員の自殺についての被控訴人の関与が犯罪を構成するものであり、被控訴人が捜査機関の嫌疑を受けた人物であると印象づける効果を狙ったと解するのが相当である。



 つまり、東京高裁のこの部分の認定は明白な事実誤認に基づく重大な認定の誤りにほかならない。この事実誤認に基づく誤った認識が、記事全体を読むにあたって影響を与えなかったと言い切れるのかどうか。

 東京高裁は「重要容疑者」の文言だけなら〈朝木議員が転落現場のビルに赴く前に何者かと争った可能性もあり、その相手が被控訴人であった可能性が高いと読むことも不可能ではない〉と述べた上で、アンダーラインを引いているという理由で控訴人の主張を否定した。アンダーラインを引いているという明白な事実誤認がなければ、この部分に関する控訴人の主張は認容されたわけである。その場合でも記事全体の読み方に変わりはないといえるのだろうか。

(了)

TOP
朝木明代転落死・鍵隠蔽事件 第6回
 平成7年9月1日午後10時ごろ、当時東村山市議会議員だった朝木明代(「草の根市民クラブ」)は東村山駅前のビルから転落死を遂げた。当時、明代は窃盗(万引き)容疑で書類送検されており、東京地検から同僚の矢野穂積とともに呼び出しを受けていた。

 矢野によればその夜、明代は午後7時に矢野と事務所で別れたあと、矢野とは1度も会っていないという。しかしそのことを客観的に証明するものはない。むしろ午後9時19分、明代は自宅から事務所にいた矢野に「ちょっと、気分が悪いので、休んで行きます」という電話をかけていること、自宅から転落現場に至る経路の途中には「草の根」事務所があることなどを総合すると、明代が転落現場に行く前に事務所に立ち寄っていた可能性もないとはいいきれない。

 その夜、矢野は午後9時10分ごろ、事務所に帰ってきた。その後明代から「ちょっと、気分が悪いので、休んで行きます」という電話があった。矢野はその電話から、遅からず明代が事務所に戻ってくると受け止めたようである。矢野が思ったとおり、明代は2、30分後、「草の根」事務所に行ったのではないのか。

 その可能性を物語るのが事務所に残されていた明代のショルダーバッグである。明代のバッグが置かれたのは本当に矢野が事務所に戻る前だったのか、それとも明代が電話をかけたあとだったのか。

バッグを置いた時間

 表現に微妙な違いはあるものの、『怪死』と『東村山の闇』に共通しているのは、矢野が事務所に帰ってきたとき「事務所にはショルダーバッグがあった(しかし鍵束はバッグの中にはなかった)ことになっている」ということである。しかしそもそも、矢野が自治会長会議から帰ってきたとき、事務所に本当に明代のバッグがあったのかどうか。そのことを証明する客観的裏付けはない。

 前回までに述べたとおり、矢野が自治会長会議から事務所に帰ってきたとき、明代が事務所におらず、ドアに鍵がかかっていたことには信憑性がある。しかし、矢野が帰ってきたときの事務所の状況に関して『東村山の闇』や『怪死』、あるいはこれまで矢野が主張してきたその他の部分についてはたんに矢野がそう主張しているにすぎず、客観的な裏付けはない。

 とりわけ重要なのは、明代のバッグは事件後、確かに事務所にあったが、そのバッグが置かれたのが「矢野が事務所に戻る前だったこと」について客観的な証明がないことである。矢野は当初、「明代は何者かによって事務所から誘い出され拉致された」などと主張していた。しかし裁判でその点を聞かれた矢野は、「それはイメージにすぎない(=客観的根拠のあるものではない)」と自白してあっさり「事務所からの拉致説」を事実上撤回した。

 明代は「事務所から誘い出されて拉致された」という前提ならまだ「電気やクーラー、ワープロはつけっ放しで、明代はバッグを残して事務所を出ていた」という説明に合理性を感じさせないではない。しかし「事務所からの拉致説」が消えてしまった今、矢野が説明する「事務所の状況」よりも、むしろ9時19分に明代がかけてきた「ちょっと休んで行きます」という電話の内容の方が事実を語っているのではないだろうか。

 逆にいえば、矢野が自治会長会議から帰ってきたときの事務所の状況についての説明は「事務所からの拉致説」を前提にしたものではなかったかという疑いがある。明代がたんに自宅に帰っただけなら、鍵束をバッグに入れたまま、バッグごと持って帰ったとみる方が自然なのである。

「事務所からの拉致説」を自ら否定せざるを得ない状況に追い込まれた矢野は、今度は「自宅からの拉致説」を主張している。しかし「自宅からの拉致説」もすでに同時期に朝木が事実上否定している。平成7年9月1日午後10時ごろ、弟と父親らをレストランに残して独りで帰宅した際の家の中の様子を聞かれ、朝木は「そんなにきれいにはしていないが、家の中はいつもと変わりがなかった」と供述している。

 朝木は「きれいにしていないから、誰かが侵入してもわからないかもしれない」という含みを残したかったようである。しかしそれがかえって、どうしても何かが起きたと思わせようとする作為性をうかがわせただけだった。

 矢野と朝木は「事務所からの拉致」を自ら否定する事態に追い込まれたからといってなぜ明確な根拠も示さないまま、今度は「自宅からの拉致」を主張するのか。これではますます稚拙な出まかせと思われるだけではあるまいか。言い換えれば、矢野にとってそれほど朝木が事務所に立ち寄っていては困る事情があったということではなかったか。

 要するに自宅でも、何も起きてはいなかった。9時19分に明代が事務所に電話をかけたことの次に確認されている事実は、午後10時に東村山駅東口駅前のビルから明代が転落した事実である。すると明代はやはり、事務所にいた矢野に電話をかけたあと、独りで自宅を出たことになる。自宅から転落したビルへ向かう経路には事務所がある。

バッグを持って歩いていた明代

 乙骨正生の『怪死』には、自殺当日の明代の行動を記した一節に次のような記載がある。



(『怪死』における朝木明代の自殺当夜の目撃情報)

(午後=筆者)7時15分から20分頃、自宅西側の線路沿いを自宅方面に向かって歩いている朝木さんを支持者の婦人が目撃、挨拶をかわす。そのときはカバンを持っている。

 8時30分頃、自宅から「草の根」事務所方面に向かう朝木さんの姿を秋津薬品店主が目撃。



 午後7時15分過ぎに持っていた「カバン」と事務所に置いていたバッグは同一のものと考えていいだろう。また、7時15分過ぎに自宅方面に向かって歩いているのを目撃された明代はそのまま自宅で約1時間過ごし、それから事務所方面に向かったと考えるのが自然だろう。

『怪死』の記述は「8時30分」の目撃談からすぐに、



 9時10分ごろ、矢野氏が「草の根」事務所に戻る。事務所の電気、クーラー、ワープロがつけっぱなし、外出のとき常に持ち歩くカバンは事務所に置かれたまま。



 と続いている。ジャーナリストの乙骨が、8時30分に目撃された明代が「カバン」を持っていたかどうかになんらこだわることなく、9時10ごろ事務所に「カバン」があったと記載しているところをみると、8時30分の時点で明代が「カバン」を持っていたことを自明の事実とみていたことがうかがえる。この点に限っては私も異論はない。

 乙骨と千葉の見方が異なるのはそれから先である。乙骨は8時30分に目撃された明代がそのまま矢野が戻る前に事務所に立ち寄ったと考えている。これに対して千葉は、明代が事務所に行ったのはもっとあとのことだと考えていた。千葉にはそう考えるだけの事実の裏付けがあった。

 それが午後9時10分ごろ、明代が「東村山駅方面から事務所(自宅)方面に向かって独りで歩いているのを見た」という最後の目撃者による証言である。

(つづく)

TOP
右翼M事件最高裁判決(その1)
上告を受理しない決定

 警視庁東村山警察署元副署長の千葉英司が東京都中野区在住の右翼Mを提訴していた裁判は、東京高裁判決を不服として右翼Mが上告していたが、さる平成23年12月8日、最高裁は右翼Mの上告を受理しない決定を行い、10万円の支払いを命じた東京高裁判決が確定した。

 右翼Mは自身が発行する『政経通信』(平成21年9月1日付)において、千葉について次のように記載した。



①〈(朝木明代自殺事件で)捜査の指揮をとった東村山警察署の千葉英司副署長(当時)は強引に自殺として処理。〉

②〈自殺に見せかけるためにはその動機が必要となる。そのために同年6月19日に朝木市議が駅近くの洋品店でブラウスを万引きしたという事件をでっち上げた。後日取調べを受けた朝木市議は書類送検されたことを苦に自殺したというストーリーまでお膳立てしていた。〉

③〈この男こそ13年前、自殺事件にすり替えた張本人・千葉英司だったとわかった。警察を退職した今でも創価学会シンジケートで繋がり、店主を装って用心棒を演じていたとは。〉



 千葉はこれらの記載によって名誉を毀損されたとして右翼Mを提訴していた。

踊らされた右翼ら

 右翼M自身の供述によれば、右翼Mは「行動する保守」Aが公表した「朝木市議の転落死事件は謀殺事件であり、東村山警察署は犯人を確保していたが、他殺を隠蔽して自殺として処理した」とする「現職警察官による内部告発」を信じ込んだ。その結果、朝木明代の万引き事件でアリバイ工作と被害者に対するお礼参りを共謀した東村山市議、矢野穂積のさまざまなデマ宣伝もまた事実と思い込み、上記の記事を掲載したものと推測できた。

 また③の記載は、平成20年9月1日に「行動する保守」が東村山駅前で「朝木明代謀殺事件の真相究明を求める」と称する街宣活動を行った際に発生した万引き被害者に対する襲撃事件(=「洋品店襲撃事件」)で、右翼Mが洋品店に侵入しようとして千葉に阻止されたことに対する腹いせのようにも思える。朝木明代に万引きされ、被害を申告しただけで何の落ち度もない無実の市民に対して「万引き捏造を許さないぞ」などと暴言を浴びせ、店内に押し入ろうとするなど許されるはずがない。

 洋品店主が明代を陥れたとするデマを右翼らに吹き込んだ矢野はすでに提訴されて100万円の損害賠償を支払っており、表立って洋品店を攻撃することはできない。右翼Mらは自らの判断で洋品店に行ったつもりらしいが、現実は矢野に踊らされ、矢野の身代わりとなって嫌がらせをしたにすぎない。矢野は一応、右翼らを擁護したものの、もちろん何かあった場合に矢野が表に出ることはない。

 さて上記①~③の記載について東京地裁はいずれも千葉の社会的評価を低下させるものと認定、右翼Mは「不特定多数には配布していない」「警察捜査に対して疑問を呈しただけ」などと主張したが、東京地裁は右翼Mの主張をいずれも斥け、右翼Mに対して10万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

「内部告発」を信じたM

 この判決に対して右翼Mはただちに控訴した。控訴理由書の中で注目されたのは、右翼Mが東村山デマ宣伝に参入したきっかけとなったのが「行動する保守」Aによる「内部告発」だったとする趣旨の内容が書かれていたことである(相当性の主張)。

 平成20年7月29日、「行動する保守」Aは八王子駅前において次のような演説を行った。



(「行動する保守」Aが主張した「内部告発」)

 なぜあえて私が今回この問題を取り上げるか、その最大の理由はですね、現職の警察官が私に内部告発をしたからであります。これだけは初めて明かします。現職の警察官は、

「自分たちは犯人を特定した、3名であった。しかし警察側から圧力があって、これを、捜査を断念せざるを得なかった」

 こうはっきりと断言しました。

「だから、Sさんたちがこの運動を時効前に国民運動として盛り上げてくれるならば、われわれはその全貌を明らかにする用意がある」

 このようにはっきりと断言したのであります。この件については、今日初めて明らかにさせていただきます。



 右翼Mはこの「行動する保守」Aが公表した「内部告発」と、同年9月1日に東村山駅前で行われた「朝木明代さん殺害事件を13年目の命日に市民に訴える」と称する街宣で〈主催者(筆者注=「行動する保守」Aと西村修平を指すとみられる)が明代の転落死事件について「殺人事件である」「創価学会の関与は間違いない」「万引きは捏造である」等々の演説を行った〉ことを相当性の根拠の1つとしていた。とりわけ「内部告発」について右翼Mは次のように述べている。



 現職警察官の内部告発があり、「行動する保守」Aは国民運動として全貌を明らかにする決意を述べている。かようなる決意のもとで展開された国民運動に対し、同人の主宰するインターネット上での呼びかけを見て、控訴人は9月1日の集会に参加したものであり……



「行動する保守」Aの発言だからといって、裏付け調査もしないまま事実と信じてしまう致命的な軽率さはともかく、右翼Mが東村山デマに引きずり込まれた大きな要因の1つが「行動する保守」Aによる「内部告発」だったことが推察できる。「意気に感じた」ということかもしれないが、市民に訴えるには裏付けが必要なのである。

 また浦安の行政書士とともに創価学会から提訴されていた裁判で右翼Mが、「内部告発」の中身が現職警察官の証言などによって立証されることを期待しており、「行動する保守」Aに調査状況を問い合わせていたことをうかがわせる内容の陳述書を提出したのはちょうど去年の今ごろである(平成22年12月21日付)。陳述書によれば、「行動する保守」Aは「関係者を通じて警察関係者との交渉で調査・聞き取りを継続している」と答えたようである。

 この時点で右翼Mは、「行動する保守」Aの説明に一縷の望みを託したのだろう。

(つづく)

TOP
右翼M事件最高裁判決(その2)
低レベルの伝聞

「行動する保守」Aから「内部告発は調査中」(趣旨)という返事をもらった右翼Mが、そのときかすかな希望を抱いたのか、適当にあしらわれたと感じたかは定かではない。

 しかし「行動する保守」Aは千葉との裁判で、「内部告発」が実は事実を体験した者から直接聞いたのではなく、〈「そのような話を聞いた」と聞いた〉という伝聞の伝聞にすぎないことを自ら認めた。右翼Mに対して「調査を継続中」と説明してから半年後、平成23年4月のことだった。平成20年7月に八王子駅前で公表した「内部告発」があったとして演説した内容は嘘だったということである。「行動する保守」Aは陳述書を提出した直後、千葉に10万円を支払って和解する道を選んだ。

「内部告発」を相当性の根拠とした右翼Mの主張に対して東京高裁はこう述べた。



(「内部告発」に対する東京高裁の判断)

 その内容は、内部告発をした上記現職警察官から(「行動する保守」A)が聞いたとするものであって、あくまで伝聞にとどまり、しかも、その現職警察官の氏名すら明らかにされておらず、その伝聞内容が真実であることを裏付ける根拠も全く示されていないのであるから、控訴人(筆者注=右翼M)が(「行動する保守」A)の演説を聴いたからといって、これをもって、控訴人が、朝木市議の転落死が殺人事件であり、同市議の万引き事件は捏造であったと信じるについて、相当の理由があったということはできない。



 こうして東京高裁は右翼Mの控訴を棄却したのである。新たな証拠を提出するたびに自分の首を締めてしまう珍しい裁判だった。「行動する保守」らはどうもそのことに気づいていなかった。

 右翼Mは東村山街宣裁判でも浦安の行政書士とともに110万円の損害賠償を命じられている。後日、「矢野に利用されたとは思わないか」と聞くと、右翼Mは「自分自身の判断だ」と答えた。さすがに「行動する保守」Aの「内部告発」を信じたことを後悔していると思うが、いまだ矢野の主張を事実と考えているのだろうか。残念ながら、右翼Mの口から「自分自身の判断」が誤りだったことを認める発言は聞かれない。右翼Mが事実よりも自分自身のプライドを優先しようとしているのなら、右翼として恥ずかしいことではあるまいか。

「目撃情報」の出所

 なお「犯人目撃説」については、平成7年9月に「静岡在住」という男から次の情報提供が東村山署にあった。男はこういった。
「私は4名の創価学会員が、朝木市議をマンションに連れ込むのを目撃した」

 男から2度目の電話がかかった際、今度は千葉が「その際に110番しなかった理由は何か、創価学会員であると断定した根拠は何か」と聞いた。すると男は、「バカヤロー、お前も創価学会から金をもらっているのか」といって一方的に電話を切ったという事実がある。

 また矢野も平成8年4月18日発行の『週刊宝石』で、

「『朝木氏が4人の人にビルへ連れ込まれるのを見た』……など、こちらには新たな話が集まっています」

 とコメントしている。「静岡在住」の男の話と出所は同一とみられる。ただ双方の話だけでは、この「目撃談」の出所が「静岡在住」の男なのか矢野なのかは判断できない。

 いずれにしても『週刊宝石』にコメントして以後、矢野が「明代をビルに連れ込んだ4人の犯人」について追及した形跡がうかがえないのは不可解である。理由は定かでないが、この情報には信憑性がないと判断したのだろう。

 矢野は「行動する保守」Aのいう「内部告発」を「新情報」などと持ち上げたが、15年にわたって「真相究明活動」に従事してきたはずの矢野も朝木も、「内部告発」の真相を追及しようとはしなかった。もともと矢野が放棄したネタであることを知っていたのだろうか。

笑ってごまかされる程度の存在

 平成20年9月に東村山デマ宣伝に参入して以後、現実的な責任を取らされているのは右翼らである。明代の万引きを苦にした自殺に関して、今も「行動する保守」は矢野の宣伝内容を信じているのだろうか。平成23年12月、東村山議会で矢野に会ったので私はこう聞いた。

――今日は右翼は来ないんですか?

 すると矢野は、「ハーッ、ハッ、ハー」と芝居がかった大声を上げて笑ったものである。その隣では朝木がニヤニヤしながらこちらを見ていた。これが私の質問に対する矢野と朝木の答えだった。

 東村山駅前街宣(平成20年9月1日)後の平成21年3月議会には「行動する保守」Aや行政書士など多くの右翼が傍聴にやってきた。当時、矢野・朝木と右翼らの間にはまだ一応の信頼関係があった。

 しかし、西村修平が千葉から提訴された裁判では、矢野と朝木が全面支援したにもかかわらず、東京地裁は「明代には自殺の動機がなかったとはいえない」とまで判示し、西村は無残に敗訴した。さらにその後の東村山街宣裁判では右翼Mらに110万円の損害賠償が命じられるに至り、さすがの「行動する保守」一行も矢野の主張が法廷では通用しないことを感じ始めたかもしれない。

 もともと矢野と朝木は「行動する保守」一行と手を組むことを避けていたフシがある。少なくとも当初は積極的ではなく、「八王子街宣に参加するのか」という私の質問に矢野は困惑ぶりを隠せなかった。右翼らのシンポジウムに参加したのも、「行動する保守」Aの申し入れを断りきれなかっただけなのではないかと私はみている。

「行動する保守」一行にすれば、矢野と朝木の協力がないということでは街宣の迫力をやや欠く。動員にも影響が出よう。一方の矢野と朝木にしてみれば、相手が右翼というだけでなく、これまでの裁判の経過を知らない者と手を組むことにはマイナス面もあるというのが当初の判断だったのではあるまいか。

 右翼が相次いで損害賠償を命じられるようになると、右翼に対する距離感も変わっていったようにみえる。相次いで提訴された「行動する保守」の中で、矢野が直接的に支援したのは西村修平だけで、西村の敗訴後、矢野が右翼を支援した形跡は表面上はみられない。それが矢野の本音だったろう。

 矢野が見せた異常な高笑いは、右翼との微妙な関係と、右翼と結託していると見られることに対する嫌悪感を率直に表しているように思えた。要するに矢野と朝木の「行動する保守」に対する認識は最初からその程度だったのではあるまいか。

 なお余談だが、右翼Mの敗訴が確定したちょうどその日、「行動する保守」Aから私に対して10万円余の振込があった。これにより、私が写真の掲載をめぐり「行動する保守」Aを提訴していた事件は終結した。

(了)

TOP
朝木明代転落死・鍵隠蔽事件 第7回
『週刊文春』もバッグを記述

 乙骨が『怪死』を執筆した当時、まだ矢野から吹き込まれていた「事務所からの拉致説」が念頭にあったかもしれない。この前提に立てば、8時30分に事務所方面に向かっていた明代はそのまま事務所に行き、その後、矢野が事務所に戻ってくる9時10分までの間に明代は何者かの電話によって鍵だけを持った状態で誘い出され、拉致されたという流れになる。だから、乙骨にとって8時30分の段階で明代が「カバン」を持っていたことは自明であり、もちろんそれで特段の不自然さも感じなかったのである。

『週刊文春』〈反創価学会女性市議の「怪死」〉(平成7年9月14日付)にも同様の記述がある。



(バッグに関する『週刊文春』の記述)

 矢野市議が事務所を出た5分ほど後の午後7時過ぎ、朝木さんは事務所から自宅方向に向かうところを知人に目撃されている。この時、朝木さんは愛用の青いバッグを手にしていた。

 午後8時半、今度は自宅から事務所方向に帰ってきた朝木さんを近所の商店主が目撃。これらのことから、朝木さんが、一度自宅に帰り、再び事務所に戻ったことは間違いない。事務所から持って出たバッグ、家から取ってきた資料が後に、事務所で発見されているからである。

 朝木さんが事務所に戻ったと思われるのは、午後8時30分過ぎ。



『週刊文春』が明代の自殺前の足取りを確認するにあたって、事務所にあった明代のバッグも重要な要素とみなしていたことがうかがえる。当時、8時30分の目撃者が最後と思われており、「矢野が9時10分に帰ってくる前に明代は事務所に立ち寄っていた」と考えることには一応の合理性があった。

『週刊文春』もまた7時過ぎに目撃された明代が持っていたバッグは8時30分の時点でも持っていたことは自明と考えているようである。このこと自体はなんら不自然ではない。

「最後の目撃証言」の重要さ

 しかしそれから先の、8時30分に目撃された明代がそのまま事務所に行き、矢野が事務所に帰る前にバッグだけを残して姿を消したという針の穴を通すような非現実的なストーリーは、矢野自身によっていとも簡単に否定されている。「事務所からの拉致」という荒唐無稽な作り話を別にしても、そもそも8時30分ごろに事務所方面に向かうのが目撃された明代がその直後、事務所に立ち寄った証拠はないのだった。

 むしろその後、8時30分に目撃された明代がその直後には事務所に立ち寄っていない可能性を示す目撃証言があった。「最後の目撃者」である。最後の目撃者は9時10分ごろ、今度は8時30分の場所から事務所を通り過ぎた位置にある東村山駅方面から事務所(自宅方面でもある)方面に向かっているのを目撃している。

 この目撃証言からは、明代は事務所前を素通りしてどこか別の場所へ行っていた形跡がうかがえる。もちろん8時30分の時点で明代はバッグを持っていたのだから、事務所を素通りしたとすれば、9時10分に目撃された際にもやはり明代はバッグを持っていたことになる。

バッグを置いた本当の時間

 では、そのバッグを明代はいつ事務所に持って行ったのだろうか。目撃情報に基く明代の歩いた地点および事件の関係箇所の位置関係は下記のとおりである。

自宅――事務所――自殺現場――東村山駅東口――万引き現場

 8時30分に目撃された明代は事務所を過ぎ、少なくとも東村山駅周辺よりも遠く(関係個所では万引き現場)へ行ったあと、事務所には立ち寄らずに自宅にまっすぐ帰った可能性が高い。事務所に立ち寄れば、自治会長会議から戻った矢野と出会ったはずだが、矢野は明代とは会っていない。

 するとやはり、明代はそのまま事務所を通り過ぎて自宅に帰り、9時19分に矢野に電話をかけたということではあるまいか。電話をかけた時間からも、9時10分ごろに東村山駅方面から歩いてきた明代はそのまま自宅に帰ったとみる方が合理的である。

「事務所からの拉致説」があり得ず、明代がバッグを持って自宅に帰ったとすれば、その場合、明代の転落死後、事務所にあったバッグは何を物語るのか。

 事務所に帰ってきた矢野に対して明代は「しばらく休んで(から事務所に)行きます」と伝えている。これが平成7年9月1日午後9時19分。明代が駅前のビルから転落したのは午後10時ころ。明代の自宅からビルに向かう経路には矢野がいた「草の根」事務所がある。

 矢野や朝木の説明では、9時19分の電話のあとに矢野は明代と会っていないことになっている。しかし、矢野に電話をかけたあと、明代が「草の根」事務所に行かなかったことはなんら証明されていない。明代がビルに行く前に事務所に立ち寄ったとすれば、バッグはそのときに置いた可能性もあるということである。その可能性を否定する客観的証拠はない。

 むしろ、バッグの中だけでなく財布の中身まで覗くという通常ではあり得ない矢野の行為(本連載第5回参照)からは、9時19分の電話のあとに明代が事務所に行ったとみても不合理とはいえないのではあるまいか。矢野は『週刊文春』〈反創価学会女性市議の「怪死」〉で9時10分に帰った際に明代のバッグが置いてあったとして次のように述べている。

「バッグもあって、後で確かめたら中には財布も入っていた。だから、スグ帰ってくるだろうと思っていました」

 記事は、〈そこへ、市議会議員のひとりから事務所に電話が入った。……市議会の日程などについて話をしていると、……そこにキャッチホンが入った。朝木さんからだった。〉と続く。

 つまり矢野は事務所に帰ってからほぼすぐに明代のバッグの中身を調べたことになる。通常、他人のバッグの中身を覗くなどという行為はなんらかの異常事態が起きた場合に限られよう。しかし少なくとも矢野が事務所に帰った時点で矢野は明代の身に異常事態が起きたとは考えていない。するとやはり、矢野が明代のバッグの中を覗いたのは矢野が事務所に帰った直後ではないのではないか。

 午後7時から9時10分にかけての目撃証言と、明代のバッグの中を覗くという矢野の行為の異常性を総合すると、明代は9時19分の電話のあとで事務所に行き、バッグはそのときに置いたと考えるのが最も合理性があるのではあるまいか。

 その前提に立てば、以下のような推理も成立し得よう。――明代は事務所で矢野と会い、その後事務所を飛び出して自殺現場へと向かった。矢野がバッグだけでなく財布の中身まで覗いたのは、明代が事務所を飛び出したあとである――と。矢野の異常な行為から、事務所で何かがあったと考えるのも不合理とはいえまい。

(つづく)

TOP
佐藤ブログ事件控訴審 第4回
 平成19年6月から7月にかけて、東村山市議、佐藤真和のブログに市民が投稿したこれらのコメントによって名誉を傷つけられたとして、東村山市議の矢野穂積と朝木直子(いずれも「草の根市民クラブ」)が同市議の佐藤真和を提訴していた裁判で平成23年12月21日、東京高裁は一審に続き矢野と朝木の請求を棄却する判決を言い渡した。

そもそもの発端は矢野らによる誹謗中傷

 矢野と朝木が問題としたコメントとは以下のとおりである。


 
〈他人を攻撃(=八つ当たり)する事で、心の虚無を埋めようとする方々とお見受けしました。心理学では「共依存」!? 「境界性人格障害」「攻撃性人格障害」……など幾つかの名を付けて分析・対処方法を研究しているはずです。〉

〈草の根の人たちは、病気なんです。他人を攻撃することで、自己のアイデンティティを保っているんですから。〉

〈この二人が市議として存在することが東村山の大問題ではないでしょうか。Aさんが挙げておられる心理学上の分類に「サイコパス」も追加させてください。〉(これはブログの運営者である佐藤が、コメントの一部に明らかに不適切と判断できる文言が含まれていたため、削除した上で掲載した)



 市民らは理由もなくこれらのコメントを投稿したわけではない。平成19年4月に執行された東村山市議選で新人の薄井政美が当選を果たした。ところが矢野と朝木は当選が確定するや否や薄井に対して「セクハラ市議」などとする誹謗中傷を始めたのである。薄井の前職を問題とするきわめて卑劣かつ執拗なものだった。

 これに対して市民の間から「職業差別だ」とする批判が巻き起こった。しかし矢野と朝木は薄井に対する誹謗中傷をエスカレートする一方、薄井を擁護し、矢野らを批判する市民に対して提訴を匂わせて脅すなど一般市民に対しても攻撃の矛先を向けたのである。

 薄井攻撃だけでなく、自分たちを批判する者たちに対しても際限なく攻撃の手を広げる矢野と朝木の姿を目の当たりにした市民は、世の中にこんな人間がいるのかと恐れおののき、さらに市議会議員として当選していることに驚きを隠せなかった。このことは、それまで「草の根」を何か市民の声を代弁するグループと思い込まされていた東村山市民の目を覚まさせもした。

 こうした矢野と朝木の、市民に対して常に優位に立とうとする姿勢は今に始まったものではなかった。今から16年前の平成7年4月に行われた東村山市議選で矢野と朝木は、当選した朝木が落選した矢野を繰り上げ当選させるために当選を辞退するという、前代未聞の議席譲渡事件を引き起こした。もちろん「草の根」グループは社会的な批判を浴びたが、彼らはいっさい非を認めず、自己正当化を続けたのみならず、彼らを批判した市民に対して告訴、提訴を繰り返したのである。

 矢野はいったん繰り上げ当選者となったが、それから2年後、最高裁が矢野の繰り上げ当選を無効とする判決を言い渡し、矢野は議会から放逐された。議席譲渡は民意を愚弄するものであるとして市民(「『草の根グループ』の議席の私物化を許さない会」)が闘い続けたことで民主主義が守られたのである。

 しかし現在もなお、矢野と朝木の口から市民に対する反省の言葉は聞かれない。彼らはいっさいの批判を受け付けず、非を認めることもない。それどころか逆に、彼らを批判する者、地位を脅かす者に対してはさまざまな嫌がらせを繰り返す。

 薄井問題でも矢野と朝木の対応は同じだった。一般市民が「提訴するぞ」といわれれば怯えるのが普通だろう。実際に、矢野と朝木から名指しで攻撃された市民の中には精神的に追い詰められたり、体調をおかしくした人さえいた。こうした矢野と朝木の特異な体質を知り、思い余った市民が佐藤のブログに正直な感想を述べたのだった。つまり今回の問題の本当のきっかけは、矢野と朝木による薄井に対する悪質な誹謗中傷にあったといえる。

「それなりの言動」を認定

 矢野と朝木の提訴に対して一審の東京地裁立川支部は請求を棄却する判決を言い渡した。まず東京地裁はブログに投稿されたコメントについて次のように認定した。

〈原告ら(矢野と朝木)が病気の一種であるパーソナリティ障害(筆者注=判決では「パーソナリティ障害」について、「精神病ではないとはいえ精神医学で取り扱われ、治療の対象となっている」と規定している)等を有するとの事実を表明したものと認めるべきである。〉

 また、提訴されたのが投稿者本人ではなくブログ運営者であるためプロバイダ責任制限法が適用されるとし、本件は「運営者が記載内容に真実性および相当性が存在しないことを知っていたか、知ることができたと認めるに足りる理由があった場合には名誉毀損が成立する」との認識を示した。コメントの投稿が自由なブログの運営者は、コメントの真実性を事前にすべて確認することは不可能だから、明らかな虚偽や悪質なコメントと判断できる場合を除き、責任を問われないようにするのがプロバイダ責任法の趣旨である。

 その上で東京地裁は、



〈被告ブログ掲示板の管理者である被告につき、(プロバイダ責任法)に該当する事由があったと認めることはできない。かえって、後記イ~オに説示するとおり、原告らにはパーソナリティ障害等であることを疑わせるそれなりの言動及び行動があったものである……〉



 と述べて彼らの請求を棄却した。判決文のこの一節で注目されるのは、東京地裁が後段で〈かえって、後記イ~オに説示するとおり〉として、判断の主たる根拠となったのが矢野と朝木がこれまでに行ってきた誹謗中傷の数々、あるいはかつて裁判所が彼らに対して行った珍しい認定だった(判決文中の「後記イ~オ」)ことをうかがわせている点である。

 その中には、矢野と朝木による薄井攻撃も含まれる。この点からも、問題となったコメントが投稿される原因が彼ら自身にあったといえるのではあるまいか。

(つづく)

TOP
佐藤ブログ事件控訴審 第5回
控訴審も一審を追認

 矢野は控訴審で80ページを超える準備書面を提出していた。その主張はおおむね以下のとおりである。



①佐藤はプロバイダ責任制限法がいう特定電気通信役務提供者に該当せず、一審の判断は誤りである。

②このため一審判決は〈草の根の人たちは、病気なんです。〉などとのコメントについて真実性・相当性があるか否かの判断をしていない。



 ――などである。

 これに対して東京高裁は次のように述べて矢野らの主張をいずれも否定した。



(東京高裁の判断)

〈佐藤は特定電気通信役務提供者に当たり〉

〈本件各書き込みには、控訴人ら(筆者注=矢野と朝木)について「共依存」、「境界性人格障害」、「攻撃性人格障害」、「パワーゲーム」、「病気」及び「サイコパス」という指摘があるが、原判決30頁26行目ないし35頁8行目の事実に照らせば、①上記各指摘が真実でなく、又は投稿者がこれを真実であると信じるについて相当の理由がないことを被控訴人が知っていた事実、②被控訴人がこれを知ることができたと認めるに足りる相当の理由がある事実を認めることはできない。〉



 ここで東京高裁が、「矢野らに対する『病気』などとするコメントが事実に反することを被控訴人が知っていたとは認められない」と判断した根拠として採用したのが、一審判決が〈かえって、後記イ~オに説示するとおり、原告らにはパーソナリティ障害等であることを疑わせるそれなりの言動及び行動があったものである〉として示した各事実=〈原判決30頁26行目ないし35頁8行目の事実〉だった。東京高裁もまた、過去の矢野と朝木の言動によって、「パーソナリティ障害等であることを疑わせる言動」があったと判断したものと理解できよう。

 矢野と朝木は一審判決が真実性・相当性の判断をしていないと主張したが、そもそもプロバイダ責任制限法において特定電気通信役務提供者はコメント内容の真実性・相当性までを検証する必要はなく、①コメント内容が真実でなく、または相当性がないことを運営者が知っていたか、②知ることができたと認められる以外は違法性は問われない。

〈パーソナリティ障害等であることを疑わせるそれなりの言動及び行動〉

 ブログ運営者である佐藤の免責を認定した裁判所が一、二審とも、たんにコメントに真実性・相当性がないことを知り得なかったとしたのではなく、むしろ矢野らに「パーソナリティ障害等であることを疑わせる言動」あったと積極的に認定したことは特筆に値しよう。

 裁判所が〈原告らにはパーソナリティ障害等であることを疑わせるそれなりの言動及び行動があった〉と認定させた事例について改めて確認しておこう。



①万引き被害者に対する誹謗中傷

『東村山市民新聞』(矢野と朝木が発行する政治宣伝紙)の記載


〈飛んで火に入る虫?〉

〈『真犯人の指紋のついたTシャツのビニールカバーを保管もしないで、なぜ物的証拠もなしに朝木議員をTシャツ万引きの犯人扱いしたの』と指摘した本紙を女洋品店主が提訴。本人尋問でき、逆に手間省け。〉



 朝木明代(朝木直子の母親)の万引き事件をめぐり、矢野は万引き被害者に対して万引きを捏造したとする宣伝を繰り返した。これに対して被害者は矢野を提訴した。その直後に掲載したのがこの記事である。ここでも被害者が加害者であるような宣伝をしていることがわかろう。

 明代の万引き事件で矢野は明代とアリバイ工作を共謀し、万引き被害者に対する嫌がらせを繰り返した。すなわち矢野は、明代の万引きが事実であることを認識していたはずである。それでもなお被害者に対してここまで誹謗中傷を繰り返すとは、やはり「原告らがパーソナリティ障害等であることを疑わせる言動」と判断されてもやむを得まい。



②少年冤罪事件

『東村山市民新聞』の記載


〈95年7月16日夜に、暴漢に襲われて前歯をおるなどの重傷を負った事件で……創価より裁判官はこの事実をわざと無視。〉



 平成7年7月、矢野は暴行を受けたとして1人の少年(当時は未成年)を警察に突き出した。しかし少年は矢野とはまったくの見ず知らずで、暴行についても身に覚えがないことが判明した。ところが矢野は、今度は少年を民事で提訴したのである。

 しかし裁判で矢野は、当然ながら少年が犯人であるとする確たる証拠を提出することはできず、裁判所は矢野の主張には信憑性がないと判断し、次のように述べた。

〈原告(矢野)が被告を本件暴行の犯人である旨断じた根拠は専ら原告の記憶にあるというのであるが、記憶の曖昧さは経験則上明らかであるから、仮にも公職にある者がこの曖昧な記憶に基づき、しかも司法警察職員による捜査がなされながら刑事訴追の手続きが執られていない被告を名指しで犯人であると断定している点において極めて特異であると言わねばならない。〉

 きわめて正当な判決だと思うが、矢野は、「創価より裁判官」と今度は裁判官に公平ではないというレッテルを貼ることで自らを正当化しようとしたのである。そもそもありもしない事実をでっち上げただけでも尋常ではないが、今度は裁判官まで誹謗するとはやはり「パーソナリティ障害等であることを疑わせる言動」と判断されてもやむを得まい。

(つづく)

TOP
佐藤ブログ事件 第6回
「私がやられたことをやり返しているのよ」

 最近では本件の当事者である佐藤や薄井に対する執拗な攻撃の例がある。

③佐藤真和に対する虚偽宣伝

 矢野と朝木は『東村山市民新聞』、「多摩レイクサイドFM」などで平成18年9月以降、佐藤に対しあたかも佐藤が東村山市内に居住する実態がなく、東村山市議会議員の資格がないかのような虚偽宣伝を繰り返した。佐藤攻撃を開始した時期は平成19年の東村山市議選のちょうど半年前だった。たとえば以下のような記載である。



〈佐藤真和・東村山市議に公選法違反の疑惑が発覚した。〉

〈地方議員は選挙区内で生活していなければ詐欺登録罪で失職なのです。〉



 平成18年9月、「オンブズマン」と称する矢野の配下の者が佐藤の妻子が当時住んでいた東京・日野市にあるマンションに張り込み、また全く無関係の日野でも佐藤を誹謗するビラがまかれた。東村山だけでなく日野でも同じビラがまかれた点に矢野の佐藤に対する並々ならぬ個人的執念を感じ取ることができよう。

 矢野は佐藤の当選をめぐり、東京都選管に対して佐藤には東村山には居住の実態がないとして当選の取り消しを求める行政訴訟も提起した。しかし東京高裁は、佐藤は東村山に住所を有していたと認定し、矢野の請求を棄却する判決を言い渡している。

 矢野の一連の宣伝をめぐって佐藤が提訴した裁判で、東京地裁立川支部は矢野が記載事実のような疑いを持ったことには一応、相当の理由があったとして佐藤の請求を棄却したが、その執拗さは尋常ではなかった。これもまた「原告らがパーソナリティ障害等であることを疑わせる言動及び行動」と判断されてもやむを得まい。東京地裁は相当性は認めたものの、「佐藤は東村山市内に生活実態がないから、東村山市議の資格がない」などとした記載内容については真実性を否定している。

 なお、日野にはオンブズマンだけでなく朝木も自ら乗り込んで佐藤のマンションを見張った。朝木はそれだけのために月極駐車場を借り、レンタカーで張り込むという念の入れようだった。並大抵でないこだわりを感じさせる。その理由について朝木は知人にこう話したという。

朝木  私がやられたことをやり返しているのよ。

「私がやられたこと」とは、議席譲渡事件で朝木が千葉県松戸市に住民票を移動した際、朝木が実際に生活しているかどうか東村山市民が調査に行ったことを指している。調べられていることを察知した朝木は松戸市内で3度転居(住民票の移動)を繰り返した。逃げ回ったと言い換えてもよかろう。

 朝木の内心では、佐藤の居住実態を追及することは議席譲渡事件の恨みを晴らすという一面もあったということらしい。発想自体がまともとはいえず、逆恨みもはなはだしい。この点だけをみてもやはり「原告らがパーソナリティ障害等であることを疑わせる言動及び行動」といわざるを得ない。

④薄井政美に対する誹謗中傷



『東村山市民新聞』の記載

〈「薄井(市議)はエロキャスター」裁判所も断定! 現市長支持の「セクハラ市議」をかばった現市長、またも汚点」〉



 平成19年4月の東村山市議選直後に始まった誹謗中傷に対して薄井は東京地裁に提訴した。東京地裁は一部の請求を棄却したものの矢野と朝木に対して200万円の支払いを命じ、東京高裁も100万円の支払いを命じる判決を言い渡した。これは一審判決後の記事だが、あたかも敗訴の腹いせのようにもみえる。この執拗さはやはり「原告らがパーソナリティ障害等であることを疑わせる言動及び行動」と判断されてもやむを得まい。

⑤その他の議員に対する誹謗中傷

 矢野は朝木明代の生前から、『東村山市民新聞』で党派を問わず、他の議員に対する誹謗中傷、揶揄を繰り返している。主な表現は以下のとおりである。



〈「ピーマン議員」「アホキピーマン」「心身症」「失語症」「ハエ男」「足の長さが足りなくて」「常軌を超える偏執」「偏執症?」〉



 これらの表現の中には矢野が市議となって以後のものも含まれる。執拗性と表現の下劣さからみて、少なくとも普通ではないと疑われてもやむを得ないのではあるまいか。

 なお、このうち〈「常軌を超える偏執」「偏執症?」〉との表現は、議席譲渡事件の際に彼らが追跡調査された際に市民を批判した記事の見出しである。彼らが佐藤に対して行った行為にそのまま該当しよう。

「パラノイアに関する論評にも相応の根拠」

 さらに佐藤は裁判で、矢野と朝木の「パーソナリティ障害等であることを疑わせる」相当性の根拠として次の判決を挙げている。

⑥「許さない会」裁判判決

 平成7年に矢野と朝木が起こした議席譲渡事件を追及していた「『草の根グループ』の議席の私物化を許さない会」はビラで、矢野について「矢野にはパラノイア(好訴妄想者)の傾向がある」との趣旨の論評を行った。これに対して矢野は提訴したが、東京地裁は次のように述べて矢野の請求を棄却した。



〈原告矢野は物事を自分本位に解釈する、また、自分の憶測を理屈づけるとの論評及び……異常と思える人間との論評の前提となる事実は相応の根拠があるということができる。〉

〈原告矢野は訴訟を計画し、これをもって時には脅し、執拗なまでに実行するとの論評の前提となる事実は相応の根拠がある〉

〈そして(矢野についての)パラノイアに関する論評は、上記各論評を前提にしたものであることからすると、……当該論評の前提たる事実もまた相応の根拠があると認められる。〉



 この判決についても東京地裁は、矢野らに「かえって、……パーソナリティ障害等であることを疑わせる言動及び行動があった」と判断されてもやむを得ない根拠の1つと認定している。

 これらの具体的事例(本記事では①~⑥)を根拠として東京地裁は、佐藤が問題のコメントを削除しなかったことの方にむしろ相当の根拠があったと認めたのである。矢野と朝木はこの裁判によって、かえって彼らの他を寄せつけない特異性をあらためて知らしめたように思えてならない。

(了)
TOP