ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

りんごっこ保育園問題とは何か(第2部)  第13回
食中毒騒動での対応が経験のなさを暴露



(高野の経歴)

淵脇  個人では社会的な責任を負うことが難しい。ですからつばさ保育園については認可園になるについて法人化しますという話がありました。保護者の間では、いわゆる社会福祉法人や公立の場合に一番のメリットは何だろうかと話しました。私は個人というのは難しいと考えていましたところ、社会福祉法人も悪いところはある、企業も同じだと。だから、個人経営だから悪いということはないという話が出ました。ただ、あえて東村山に個人で作られるということでうかがっておきたいのですが、先生の保育経験についてこれまでの話ではわからなかったんですね。どこの園でどれぐらいの経験があるのかお話ししていただきたいんです。

 それともう1点は、延長保育料の件ですが、資料によると、認可園の延長保育料は1時間600円ということになってます。他の認可園についてはひと月2500円均一になってます。これだとりんごっこは延長保育料が非常に高くなるなと思います。フルで預けた場合、1日あたり2時間半で1500円、ひと月では30000円近くになります。この点が疑問に感じました。この点はいかがでしょうか。

高野  そのへんにつきましては、私は乳児院の経験が5年とちょっとあります。これは国と県から補助が出ている認可の乳児院です。で、あのー、それがまあ5年とちょっと。それから自分の子育てが済んでから勤務しましたのが、あのー、会社の中の企業内保育園ですね。で、そこもやはり0歳児から5歳児までおりました。で、主に0歳から3歳ではあったんですが、あのー、ここはやはり院内保育、病院のような院内保育と同じようなものですのでね、あのー、まあ15人から30人ぐらい、ちょっと数の方はけっこう波があるんです。

 その中で、夏休みとかなると子供が増えてきます。ですから、その中で学童ももちろんみました。で、あのー、様々の保育園でも、そこをお母さんの保育園に行きたいといって、わざわざお父さんが送られる方が半分もいらっしゃるんですね。まあそんな感じで、それが11年ぐらいですかねえ。そういうところです、経験の方は。

新保会長  参考までに付け加えると、施設の経営者としては今度の認証保育園が初めてということですね。

高野  そういうことです。まあそのー、企業内のときには主任をしてます。そこはけっこう、あのあちらこちらに13カ所そこの会社はそういう保育園を持っています。で、途中というか、合併とか企業にもいろいろありましたので、それがつい最近ではやはり、7つぐらいに縮小されたというふうになってきましたね、保育園も。



 高野の経歴については、乳児院が5年、その後企業内保育所に務めている。乳児院は0歳から2歳まで。りんごっこ保育園は認証のりんごっこ第1保育園(現在名)と異なり、0歳から5歳までの子供を預かる。りんごっこ第1保育園は0歳児から2歳児までしか預かっていないから、高野の乳児院の経験も生きよう。しかし認可園の場合は5歳までの子供を預かる。

 高野は乳児院勤務ののち、企業内保育所の勤務経験があると述べている。この企業内保育所とはヤクルトで働く人のための施設で、いわば企業内託児所である。国最低基準が定める保育所と企業内託児所の保育内容がどう異なるのか、あるいは保育の質において変わりがないのかどうかは私にはわからない。しかし、その法的位置付けやそれに基づく公益性、社会的責任には大きな違いがある。

 だからといって、保育の質において企業内所託児所が認可保育園よりも劣ると断定するつもりはないが、一般論として当然、保育所と保護者の関係も異なろう。食中毒騒動の際、高野と矢野は子供を病院に連れていった保護者を「園だより」などで「意図的に保育園を潰そうとした」などと執拗に責め、最終的に保護者は2人の子供を認可外保育所に転園させたが、保護者に対するこのような対応は通常の認可保育園ではあり得ない話だろう(企業内保育所でも、そうある話ではあるまい)。

 つまり、高野は企業内保育所の勤務経験があるというが、これは社会的責任の下での経験ではなく、認可保育園に求められる保護者対応についてはまったくの未経験とみなしてよかろう。その結果が、食中毒騒動での保護者に対する異常な対応となって現れたのである。



(延長保育料)

淵脇  もう1つの保育料の件はいかがでしょうか。

高野  そうですね、それらに対しましても、東京都さんの方から本当にこと細か、細かな、あのー指示があったんです。これらにつきましても、まあ、個人立というところがあったんでしょうか、ですから、これも東京都さんの指示通りのものなんです。

淵脇  東京都の指示があったから、1時間600円ということですか?

高野  指示があったからというより、こちらから提出しますよね、で、提出した申請書類は全部チェックされて返ってくるわけです。それでよしとしたものは、チェックされずにそのままOKされるわけですね。ですので、それは東京都さんの……。

淵脇  OKが出たと。

高野  そういうことです。

淵脇  そのことを行政の方に聞きたいんですが、「わくわく」(保育園)さんはひと月いくらですか?

須藤副会長  普通の認可とおんなじ。

淵脇  りんごっこさんを選んで入った場合に、認可ですから、延長保育を使った場合、通常の保育料プラス2万円とか3万円とかを払わなければならないですね。

須藤  延長は各園で決めていいんじゃなかったかしらね。

新保  自由なんですが、決めたときの料金が一律か、そうじゃないかということですね。

淵脇  そうなんですが、この値段は他の認可に入れた場合との格差が大きいんじゃないかと思うんです。

高野  それは、確認をしましてですね、あのー、意見を聞いていかなければならないことだと思います。必要であれば聞いていきたいと思っております。



 延長保育料については開園後、他の認可園と同じく1回あたり500円、月6回を超える場合は何回でも3000円ということになっている。この点については、高野は行政の指導に素直に従ったようである。なお、延長保育補助として市はりんごっこ保育園に対して月額26万7060円(平成19年度)の補助金を支払っている。


(第14回へつづく)

関連記事

テーマ:社会 - ジャンル:政治・経済

TOP