ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

りんごっこ保育園問題とは何か(第2部)  第21回 
議会の権能を放棄した東村山市議会

 行政が強引なかたちでりんごっこ保育園を開園させてしまおうとしているとしかみえない動きをする一方、開園にともなう予算執行の手続きに関しても、説明責任を果たして議会=市民の理解を得ようとしたものとはとうていみえなかった。

開園2日前に上程された予算案

 認可されれば自動的に保育を実施しなければならず、それには当然予算もつけなければならないと説明していた行政は当初、補正予算を上程しないで流用の形で予算をつけようとしていたが、議会の説得で9月議会に補正予算を上程することとなった。しかし、他の補正予算案が盛り込まれた予算書にはなぜかりんごっこ保育園の予算は含まれていなかった。10月1日開園の保育園に対する予算であれば、9月議会の冒頭に示されてもおかしくない。結局、りんごっこ保育園の補正予算書が議会に配布されたのは、審議が行われる前日、開園2日前の9月29日だったのである。


(第22回へつづく)

 行政としては、上程する以上はなんとしても予算を可決してもらわなければ市長のメンツが立たない。否決されるぐらいなら、当初の予定通り、違法覚悟で流用するという選択肢もあったのかもしれなかった。したがって、予算案を上程した以上、市としても可決される見通しができたということではないかともみられた。

 いずれにしても、りんごっこ保育園の予算は、開園2日前に上程され、開園前日に審議されるという異常な状況だった。開園は迫るが、事態も見極めなければならないというギリギリの判断を迫られていた行政の内情がうかがえた。そんな状況を作ってしまったこと自体、すでに重大な失政であり、この予算審議の異常さを示していたといえる。

共産党は反対へ方針転換

 予算審議にあたっての議員の質問通告の期限は審議1日前、9月29日の午後5時だった。その通告内容によっておおむね賛否の状況が予測できる。公明、民主、生活者ネットなどは当初から反対を表明していたが、注目されたのは市議会で5名の勢力を持つ共産党の動向だった。平成15年の予算審議で賛成に回った共産党は9月24日、市長に対して4点の改善要求を突きつけるなど、りんごっこ保育園が1年たってもなんら代わっていない状況を深く憂慮していた。国基準の緩和によって保育の水準が低下することに対してこれまで最も批判し続けてきた共産党は、やはりこれまでの主張の筋を通す方向へ方針を転換している様子がうかがえた。

 施設長の高野と同居する矢野穂積と朝木直子が賛成するのは当然としても、仮に共産党が反対に回れば、賛成8、反対17の圧倒的多数で予算が否決されるのは確実な情勢となる。質問通告書提出段階での情勢がどうだったのか、確かなところは知る由もない。しかし、まさしく9月30日、開会予定が6時間30分もずれ込むという異常事態が賛否の情勢を物語っていた。

 市長与党である自民党は、認可計画の不透明さと施設の劣悪さ、保育関係者の反対があることを知りながら、案の定「すでに入園児も決定している」という既成事実を理由に予算を追認する方向で固まっていた。すでに市長は平成15年3月、りんごっこの予算が否決されたことでいたくプライドを傷つけられている。再び否決されるようなことがあれば、市長は今度こそ決定的にメンツを潰されるのみならず、この間の混乱の責任を問われることにもなりかねなかった。

議長室に閉じこもった議長

 渡部尚議長は市長を担いだ自民党の市議であり、会議を再開すれば3たび市長に恥をかかせることになることをよく理解していたはずである。りんごっこ保育園の予算審議が休憩に入ったままの9月30日午後11時ごろ、公明、民主、共産の代表は会議の再開と会期延長の強く申し入れていたという。

 再開した時点で、3党は会期の延長を求める動議を提出するつもりだった。しかし渡部議長は議長室で「会議は再開しません」といったきり押し黙った。市長を守るために、自分1人で泥をかぶろうとしていたのである。市長がメンツを守るために和解合意に応じたように、今度は議長が議会の大多数の意見を無視して市長を守ろうとしていたことになる。

 しかしこれは、本当に議長1人の判断だったのか。地方自治法には「議長に事故あるときは副議長がこれに代わることができる」とする規定がある。当時の副議長は公明党の議員だった。副議長は「会議を再開しない」といったきり口を開こうともしない議長に代わり、会議を再開させることはできなかったのか。いずれにしても、平成16年9月30日、東村山市議会で起きた議会の自殺ともいうべき出来事をもたらした責任を副議長もまた免れることはできない。

 議員として守るべきものは何なのか。このとき渡部議長は、著しい錯誤に陥っていたというほかない。議長として守るべきは議会制民主主義であり、市民であり、この審議においてはまず子供でなければならない。与党として市長を守りたいというのなら、大きく踏み誤った市長の判断を正常な方向に引き戻すことが市長を守ることになるのである。

 会期期限は刻々と迫っていた。議会運営委員会が開かれているはずの会議室前には続々と傍聴者が集まり再開要求の声を上げ始めた。

「早く始めろ」

「これだけの市民が待ってるんだ」

 たまりかねた市民の1人が会議室のドアを叩き、ドアを開けて再開を要求すると、駆けつけた議会事務局職員が会議室前に立ちはだかった。しかし、市民は議会を再開させる権限を持っていなかった。むなしく時間だけが経過し、ついに時計の針は10月1日午前0時を回った。

 会期の延長を決定しないまま会期の終期を過ぎることは、この日の予算審議が審議未了のまま閉会することを意味する。会議開始予定の午後1時30分から午前0時までの10時間30分のうち、実質審議が行われたのはわずか2時間30分にすぎなかった。しかしこうして、まれにみる議会の混乱と市民の深い失望を代償に、市長は自らの判断でりんごっこ保育園への予算を執行できる状況を得たのである。

(つづく)

関連記事

テーマ:社会 - ジャンル:政治・経済

TOP