ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

東村山市議会議長誹謗中傷事件 第3回
東村山文化会館前の街宣

 6月14日朝の9時30分ごろ、東村山駅前を旅立った異様な街宣集団の一行がどこをどう巡ったのかは明らかでないが、彼らが創価学会の東村山文化会館に立ち寄ったこと、またそこでの街宣内容については当事者のブログで公表されている。まず右翼Mの街宣を聞こう。



 創価学会のみなさん、今こそ、この創価学会というカルト集団への帰依を払拭してまともな日本人になってください。(そうだ、そうだ)

 創価学会というのは、犯罪者の集団。殺人部隊さえ持った集団だ。なぜ宗教法人法によって守られていなければならないんでしょうか。(そうだ)

 創価学会は14年前、朝木明代東村山議員の死に対し、きちんとした説明をしなければなりません。(そうだ、そうだ)

 当時、市議会における公明党・創価学会の不正を追及していた朝木明代市議が、駅前のビルから突き落とされて殺されました。殺人罪の時効、あと1年で時効になります。今こそこの、薄汚い創価学会の犯罪に対し、われわれ国民が市民が、集団の声、鉄槌を下していかなければなりません。(そうだ、そうだ)

 創価学会というのが殺人者の集団であるということは、公明党の委員長であった矢野絢也氏もきちっと証言しております。(そうだ、そうだ)

 当時の公明党最高顧問であった藤井富雄氏は、矢野公明党書記長のもとに行って、「今、創価学会が、にとって都合の悪い人間を殺害しようとしているけれども、そんなことをしたら創価学会としてマイナスイメージになるから止めた方がいいんじゃないか、秋谷創価学会会長に進言してくれ」という相談をもちかけている。これはまぎれもなく、創価学会が殺人部隊を持っているということを物語っています。(そうだ)
 
 この矢野書記長のもとに行ってそのすべての詳細を書いたメモ帳を強奪した。まさにこれは犯罪、強盗、盗人の集団ということがいえます。

 創価学会はこの日本における最大、最悪の犯罪者集団。とっとと日本から出て行け。(出て行け~)

 創価学会の犯罪を許すな~。(許すな~)

 カルト教団、創価学会、解散しろ~。(解散しろ~)

 創価学会は殺人をやめろ~。(やめろ~)

 創価学会、公明党の宗教法人、許さないぞ~(許さないぞ~)

 創価学会は朝鮮に帰れ~(帰れ~)

 犯罪者集団、創価学会を許すな~(許すな~)

 創価学会、日本から出て行け~(出て行け~)。(別の右翼)在日カルトは出て行け~。



 右翼Mの主張を要約すれば、

「14年前、朝木明代議員はビルから突き落とされて殺されたが、これは薄汚い創価学会の犯罪である」

「創価学会は最悪の殺人者、犯罪者の集団である」


 ということになろうか。もちろんこの声は近隣に響き渡った。明代の「万引き冤罪」と「他殺」を主張する矢野と朝木がこの右翼Mにどう説明したのかはわからない。しかし、駅前での街宣に続き、ここまで明確に「創価学会の犯罪」であると断定する根拠はどこにあるのか。聞き捨てにできる内容ではあるまい。

 続いて、もう1人の右翼がマイクを握った。



 公のみなさまの益になるから、ですから税法上も優遇され、さまざまな特恵を受けております。しかしこの、カルト宗教創価学会、極悪カルト創価学会のこの平和会館、創価学会員でない一般人が使えますか、使えません。

 さらに、宗教は本来政治的な活動をしてはならないのに、見てください、こんなに公明党のポスター、太田昭宏、谷村孝彦、ベタベタベタベタ貼って、あなた方は宗教法人法に違反しております。(そうだ、違反してるぞ、創価学会)

 宗教法人法は宗教法人法に違反する団体、あるいは反社会的行動をする団体は、法人格を剥奪する、裁判所が解散命令を出せることになっているんです。(解散しろ~、創価学会)81条に基づいて創価学会に解散命令を出させましょう。(出させましょう~)

 数々の嫌がらせ、犯罪行為をやってきた創価学会に宗教法人を名乗る資格はありません。(ありませ~ん)

 極悪カルト創価学会を、日本から叩き出せ~(叩き出せ~)。

 中から聞いてるカルト信者、出てきて国民に謝罪しろ~(謝罪しろ~)

 われわれは極悪カルトを認めないぞ~(認めないぞ~)

 創価学会は解散しろ~(解散しろ~)



「創価学会の会館が一般人に使えないのはおかしい」「宗教団体は政治活動をしてはならない」などという発言についてはたんなる法律の誤解あるいは無知として黙殺することもできよう。しかし、「宗教法人法に違反する団体」「反社会的行動をする団体」「数々の嫌がらせ、犯罪行為をやってきた創価学会」「極悪カルト」という発言は、右翼Mの街宣内容を短く言い換えたにすぎず、容認できるものとは思えない。

公表されない街宣

 この日の街宣活動のうち、右翼らが公表したのはここまでである。右翼らは隣の東大和市にある創価学会文化会館前でも街宣車を停め、街宣活動を行っている(街宣の時刻は東大和が先だったと思われる)。その内容は東村山文化会館前での街宣内容と同じようなものと推測するが、私が知る範囲ではその街宣風景は公表されていないようである。

 東大和文化会館前での街宣では東村山では起きなかったトラブルが発生したとも聞いている。やはり何か、公表するには不都合なことがあったのだろうか。

 さて、右翼らはこうして東村山と東大和の創価学会文化会館前で街宣活動を行ったが、右翼らの街宣の旅はまだまだ終わらなかった。狂信とはおそろしいというほかないが、右翼らにデマを吹き込んだ矢野と朝木にとって、これほど単純で御しやすい連中もそうはいないというところだったのではあるまいか。

(つづく)
関連記事

テーマ:右翼 - ジャンル:政治・経済

TOP