ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

第2回朝木明代追悼街宣(前編)
学習した「行動する保守」

 まさかと思ったが、「行動する保守」が今年もまた9月1日午後5時から、東村山駅前で「朝木明代追悼街宣」を行うという。「行動する保守」Aが告知をしたのは街宣前日の8月31日である。前日の告知である上に9月1日は平日だから、夕方開始とはいえどれほどの人数が集まるのか、さすがに去年ほどの人数は集まらないのではないかと思っていた。

 ところが9月1日、街宣が始まる午後5時になると東村山駅東口には私の予測を超えて30名ほどの聴衆が集まっていた(ただの支援者とも見物人とも敵対者とも見えない4、5名を含む)。私にはよく理解できないものの、さすがに「行動する保守」の指導者ともなると、普通の社会人ならとても間に合わない時間帯であろうと、これほどの支援者や捜査関係者を集めるほどの影響力があるということなのだろう。

 ただきわめて不自然に思われたのは、「行動する保守」Aが街宣を始めたとき、地元での街宣であり、議会も午後3時には終わっているというのに明代の「万引き冤罪説」と「他殺説」の発信源である東村山市議の矢野穂積と朝木直子がまだ姿を見せていなかったことである。

 なお、午後2時40分ごろに朝木が駅前に来ていたという目撃談がある。その時間には「行動する保守」のカメラ撮影担当の支援者など4、5名がすでに来ていたから、朝木は街宣開始時には何か所用があるとでも伝えに来たのだろうか。

「行動する保守」による第2回「朝木明代追悼街宣」はAの街宣によって始まったが、私は混乱を避けるためにロータリーの端にいたため、内容はほとんど聞き取れなかった。のちに彼らがアップした動画をみると、「真相究明」という点では去年の街宣からは何の進展もなかった。創価学会との関連を匂わせ、あるいは断定する者もいたが、いずれも騒ぐだけでなんら客観的根拠のない妄想のたぐいである。

「行動する保守」Aにしても昨年は「内部告発者の存在」を根拠に「他殺説」を主張したが、今年はなぜか「内部告発者」の話題には一言も触れなかった。また、1カ月前に最高裁前で行ったように「最高裁が他殺と認定した」という主張もなかった。いずれも事実なら「真相究明」には重要な話だと思うが、「行動する保守」Aにもそれなりの判断と思惑があって触れなかったのだろう。あるいはこの1年の間に少しは学習でもしたのだろうか。

姿をみせなかった矢野と朝木

 私が第2回「朝木明代追悼街宣」の取材にやって来た理由は、「行動する保守」らの街宣を見物すること以外にもう1つあった。朝木明代が万引きを働いた洋品店に対して、「行動する保守」らが再び襲撃する可能性があると考えていたからである。街宣内容も聞き取れず(たいした内容があるとも思えなかった)、街宣開始から30分が経過しても矢野も朝木も姿を見せないので、私は途中から洋品店の警戒に切り換えた。

 すると、街宣の途中で街宣の場所から集団ではなく1人2人単位で洋品店方面に向かう者がいた。途中、2人のうちの1人が私に気安い様子で声をかけてきたので跡を追いながら「誰だ」と名前を聞いても彼らは答えなかった。私はそのまま彼らの様子をうかがったが、2人は洋品店前まで行ったが騒ぐこともなくロータリーへ引き返した。私が「矢野と朝木は来ないのか」と聞いても返答はなかった。彼らにしても、矢野と朝木が来ないのはおかしいと薄々感じていたのかもしれなかった。

「行動する保守」による第2回「朝木明代追悼街宣」は開始からわずか1時間後の午後6時過ぎ、早くも終了した。街宣の主役として参加していなければならないはずの矢野と朝木はついに最後まで姿を見せなかった。わずか1時間を割けないほどの重要な用事があったのだろうか。いずれにしても去年、午後1時30分から午後6時近くまでたっぷり4時間30分もかけたことに比べればいかにも尻すぼみの感は否めない。「行動する保守」にしても、矢野、朝木という主役が来ないのでは意気が上がらないのも無理はあるまい。

 しかし、街宣は終了しても彼らはすぐには改札口には向かわず、まだ未練がましくロータリーにたむろしていた。「行動する保守」としてあまりの盛り上がりのなさに物足りなさを感じている風情だった。

 そのとき千葉と私の念頭にあったのは去年の万引き被害者に対する襲撃事件のことである。今年も彼らは「万引きはでっち上げ」と主張していたし、去年千葉によって入店を阻止されたことを根に持って報復に出ないともかぎらない。「行動する保守」がまだ東村山駅周辺にいる以上は、こちらも帰るわけにはいかないと私たちはある程度の持久戦を覚悟した。1人の東村山市民から「Mが洋品店に向かった」と携帯に連絡があったのはその直後だった。

(つづく)
関連記事

TOP