ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

西村修平事件第7回口頭弁論(その4)
代理人をあざ笑う矢野

 現段階で明代の当日の行動を推測できる客観的な材料といえば、「聖教新聞」裁判で矢野が証拠として提出した朝木宅からの発信記録である。それによれば、明代が21時13分に事務所にかけるまでの発信記録は以下のとおりである。

09:26  03-5321-**** 東京  1分35秒
10:00  0473-66-**** 千葉    24秒
10:02  0473-66-**** 千葉  3分58秒
10:07  0473-66-**** 千葉    10秒
11:05  03-5321-**** 東京  1分37秒
11:07  03-5321-**** 東京  5分18秒
11:13       93-**** 東村山    8秒
14:50  0473-66-**** 千葉  1分20秒
14:55  03-3189-**** 東京    44秒
14:56  03-3189-**** 東京    38秒
14:57  03-3189-**** 東京    27秒
15:03       95-**** 東村山   43秒
15:19  0473-66-**** 千葉  6分23秒

 矢野は「草の根」事務所と朝木宅の発信記録を提出したが、いずれも下4ケタが*印になっていて、発信先を確定することができない。余談だが、その点に関する「聖教新聞」裁判での矢野の供述は興味深い。



東京都代理人  ここの通話記録というのは、局番以外は*印で消えてますよね。

矢野  そうですね、残念ながらそれは出ておりませんね。

代理人  これは、あなたの加入電話ですね。事務所の。

矢野  事務所の電話です。95-4535ですから。

代理人  その気になれば、全部番号まで出るんじゃないですか。

矢野  出ません。

代理人  出ない。

矢野  はい。それは、最初に有料で100円か200円か払って毎月送ってくださいというふうにやっていれば出ていたんですが、残念ながらそのときは、事後にNTTにお願いして出してもらったんです。だから下4ケタが出ないんですね。



 平成7年9月1日の朝木宅および草の根事務所からの発信記録は、明代が21:13と21:19に事務所にいる矢野に電話をかけたこと、朝木から「警察に問い合わせてください」と頼まれた矢野が21:33に東村山署などに電話したと主張していることなどを立証するために提出したものである。

「下4ケタが出ていない」という質問に矢野は「そうですね、残念ながら」と答えた。発信先の下4ケタが出ていれば、どこに電話したかが確実に立証されるわけだから、「残念ながら」という矢野の回答は字面だけを見れば必ずしも不自然ではない。

 しかし同じ文言でも、表情や調子によって、その意図する内容は異なってくる。たとえば東村山署の記録では、矢野が警察に電話したのは翌9月2日0:29で21:33ではない。下4ケタまで記録されていれば、矢野の主張が事実と異なることは明白となる。東京都代理人の「下4ケタが出ていない」という質問は、「下4ケタが出ていないものを提出したのは意図的なのではないか」というニュアンスが込められている。

 一方矢野としても、下4ケタの記録があれば、たとえば21:33の下4ケタが「0110」となっていれば、確かにその時刻に電話したのは朝木宅ではなく東村山署だったことが証明される。したがって、仮に21:33に電話したとする矢野の主張が事実なら、下4ケタが記録されていないことは矢野にとっても「残念」なことということになる。朝木宅も東村山署も市内局番は「93」で、この発信記録では東村山署ではなく朝木宅にかけたものであるという可能性を否定できない。

 ところが「そうですね、残念ながら」と答えた矢野の口調は、自分の主張の正しさを証明できなくて「残念」というものではなく、東村山署がその主張を証明できなくて「残念だったな」と、東京都代理人をあざ笑うものだったのである。「真相究明」をしようとする者の姿勢とは思えなかった。

朝木宅からも松戸に3度発信

 さて、朝木宅の発信記録を見ていくと、午前中の発信は東京に3回、千葉に3回、東村山市内に1回である。東京の電話番号は、下4ケタはわからないものの、「5321」は東京都庁の代表電話に一致している。

 午前中の発信記録のうち、注目されるのは千葉の3回である。1回目は24秒、3回目はわずか10秒だから、実際に会話したのは1回だけとみられる。ただ、最初に続けて2度かけて会話を交わした直後に再度かけているところをみると、なにか伝え残したことがあって急いでかけ直したもののようにも感じられる。

 千葉といえば当然、朝木が松戸でひと月のうちに3度目の移転をしたマンションだろう。朝木は陳述書(「創価新報」事件)で「9月1日の午前、勤務先から、私は、東村山の実家に電話をかけ、母にその日の予定を伝えました。」と記載しているから、最初の発信時刻が10:00ちょうどであることを考えると、あるいは発信先が朝木の勤務先だった可能性もある。すると、朝木が自宅にかけたのとは別に、明代の方からも千葉にいる娘に電話をかけていたのだろうか。

 午前中の朝木宅からの発信は11:13に東村山市内にかけたのが最後で、その後14:50まで発信がない。矢野と朝木によれば明代は昼前に東村山市議会に陳情書を提出したというから、11:13以後に外出したとすれば、その後4時間近く発信がないことは不自然ではなかった。

(つづく)
関連記事

TOP