ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

アニマルポリス請願事件 第1回
 平成21年12月21日、「二本松アニマルポリス」の女性から東村山市議会議長に対して「朝木明代議員殺害事件に関する請願」が提出された。請願の提出に必要な紹介議員は「草の根市民クラブ」の矢野穂積だった。請願人の欄にはアニマルポリスの本名が記載されているが、実際に請願文を議会事務局に持参したのは矢野だった。

 その趣旨を聞くと、矢野と朝木直子が東村山市議会本会議などでことあるごとに口にする「朝木明代議員殺害事件」「何者かによって駅前のビルから突き落とされ、殺害された朝木明代議員」などという文言が議事録副本から削除されるのは、事実からみても不当な扱いであり、是正されるべきである――というものだという。

 確かに議事録副本の矢野らの発言から「殺害事件」という文言を探すことはできない。議事録を読んだだけでは、削除された文言があったことも、ましてその内容がどんなものだったかを知ることは不可能である。したがってアニマルポリスは、矢野が議場で「朝木明代議員殺害事件」と発言したのを傍聴席で聞いたことがあったか、あるいは当該発言をした当事者、すなわち矢野と朝木からその発言内容を知らされたということになる。ところでアニマルポリスは福島市在住で、少なくとも私はこの5年以内に議場内でアニマルポリスをみかけたことはない。

卓抜な行動力 

 アニマルポリスは矢野や朝木と密接な関係にある右翼グループ「行動する保守」の裁判の傍聴に平成21年冬ごろから何度か訪れている。「行動する保守」関連の裁判はすべて騒乱を避けるために多くの裁判所職員が駆り出され、厳重な警戒態勢を敷くのが通例である。

 東京地裁立川支部では職員が事前に傍聴人の持ち物などをチェックし、開廷5分前になるとようやく法廷のドアが開錠され、1人ずつ順番に整然と入廷させる。だから、早く着いた傍聴人は入廷が許可されるまで法廷前の廊下で待たされるわけだが、その日、「行動する保守」一行の中にいた1人の女性が近づいて声をかけてきた。みかけたことのない顔だった。

 女性の表情や目の色から、なにか尋常とは異なるものを秘めているように感じた私は、とっさに女性に背を向けた。しかし女性はすっと前方に回り込み、「取材をお願いします」と話しかけてきたのだった。

 やはり普通ではなかった。通常、名前も名乗らず、どこの誰なのか、取材内容が何なのかもいわないような相手の取材に応じる者はいない。まして「行動する保守」一行の中の1人とあっては、とうていまともな話のできる人間ではないと判断するほかない。私はやむなく、女性を追い払うために「取材はお断りします」と強い調子で通告した。すると女性は、おとなしく「行動する保守」一行の中に戻っていった。

 しかし、この女性の傍若無人の行動は私に対してだけではなかった。その後、女性は千葉に対しても法廷内で下から顔を覗き込み、また「食事をしませんか」「いつなら空いてますか?」などとたたみかけた。やはり最初に私が感じた尋常とは異なる印象は間違っていなかったようだった。

 この女性を2度目に見かけたのは平成21年12月18日、千葉が浦安の行政書士を提訴していた裁判の法廷だったと記憶している。口頭弁論は午前中に行われ、行政書士と女性らはその足で東村山に行き、東村山警察署の前で記念写真を撮ったり、あるいはビラ撒きなどをしていたことがわかった。この女性が福島市在住のアニマルポリスという人物であると知ったのはその後のことである。アニマルポリスはこんなことをするために、わざわざ福島からやってきたのだろうか。常識では考えられない行動力というほかなかった。

 アニマルポリスが請願人となり、紹介議員の矢野が「朝木明代議員殺害事件に関する請願」を提出したのはその3日後のことである。浦安の行政書士と矢野はその半年以上前から親密な関係にあり、行政書士が議会傍聴に訪れた際には「草の根」の議員控室に長時間にわたって滞在していたことも判明している。矢野、朝木とそれほど親密な関係にある行政書士がアニマルポリスを伴って東村山を訪れた際に2人に引き合わせた可能性はあろう。その席で請願提出に関する相談がなされたのではないかと私はみている。

まったく別の資料を提出

 さて、アニマルポリスが平成21年12月21日に提出した請願の内容は以下のとおりである。



朝木明代議員殺害事件に関する請願

請願の趣旨
1.朝木明代殺害事件における「殺害」という文言を、理由なく、発言取り消しの扱いとし、会議録副本から削除した理由を、東村山市議会本会議において、速やかに説明を行うよう、議長へ求めます。

請願の理由
1.最高裁で本年7月14日に確定した朝木明代議員殺害事件に関する最新の判決では、「朝木明代議員事件は“他殺”と考えうる相当な理由がある」と判示されていますので、市議会が、司法の最終判断に従わないことは許されません。

2.先の2009年8月30日の選挙を機に、国民は、朝木明代殺害事件への関心を強く持ち続けています。貴議会においても最高裁判決に従い、事実を正確に取り扱うべきです。



 第1回目の請願審査は平成22年2月15日、午前10時から市議会委員会室で行われた。この日の審査では、請願人の主張だけでは請願の根拠である「平成21年7月14日最高裁判決」の事実およびその内容が確認できないから、請願人に資料の提出を求めるべきという意見が委員から出され、審査が継続されることになった。

 翌2月16日、議会事務局は資料の提出を求める文書を送付した(本来なら、請願が提出された時点ですぐに資料を請求すべきだったとは思うが)。文書では第2回審査が行われる1週間前の「3月2日まで」に資料を送付するよう求めていた。ところが3月3日にアニマルポリスから電話があり、「今開封したところ」だという。議会事務局が送付した文書は遅くとも2日後には着いているはずである。するとアニマルポリスは2月18日から3月2日まで留守だったということらしい。結局、アニマルポリスから東村山市議会に資料が届いたのは第2回審査の前日、3月8日のことだった。

(つづく)
関連記事

TOP