ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

万引き被害者威迫事件 第18回
矢野は録音テープの編集を否定

 矢野のいう2回目、「午後8時前」に行ったとする会話記録の、正しく反訳された発言の中にも不自然な点がある。2回目の冒頭部分にある矢野の「終わりごろには来られるんですか?」という質問である。矢野の主張によれば、1回目に行ったとする「午後7時ころ」、矢野と明代は被害店が8時には閉店することを確認している。だから矢野と明代は、閉店まぎわの「午後8時前」にもう一度行ったと主張している。「午後8時前」とはすなわち「終わりごろ」である。

 その「終わりごろ」に行った矢野が、「終わりごろには来られるんですか?」と聞くだろうか。逆にいえば、実際に彼らが行ったのが「終わりごろ」ではなかったから「終わりごろには来られるんですか?」と聞いた、ということなら少しも不自然ではない。つまりこの発言は、矢野のいう時間帯が「8時前」ではなくもっと前だったことを示すものではないのか。

 パート店員の証言によれば、明代の最初の取り調べ当日、矢野と明代が被害店に現れたのは「午後5時20分頃」「午後7時頃」「午後8時前」の3回である。仮に事実がそうだとすれば、矢野と明代は午後5時20分に来て閉店時間を確認し、午後7時頃に来たとき、矢野の会話記録にあるようなやりとりをしたということなら、矢野の「終わりごろには来られるんですか」という質問は少しも不自然ではない。

 矢野が法廷に提出した録音テープはもちろんダビングされたものである。私が聞いたかぎりでは、明代の「おかしな人たちですね」という発言が記録から削除されていたこと以外に一カ所、プッと録音が途断したような不自然な音が入っていた。それが何の音なのかはわからないが、ダビングである以上、複数の声がかぶっていない箇所なら、マザーテープを停止させることである発言を消すことも不可能なことではない。

 もちろん、矢野は一貫して否定しているが、仮に彼らが3度(被害者は最後は矢野が1人で入ってきたと証言している)被害店に行っており、3度目に矢野が被害者に対する威迫と取れる発言をしていたとしても、その録音をダビングの際に削除することは、会話の途中と違ってきわめて容易なことは誰が考えても明らかである。2回目の会話が終了した時点でダビングも終了すればいいだけなのだから。いずれにしても、少なくとも明代の「おかしな人たちですね」という発言が「会話記録」から削除されていたという点において、矢野の提出した「会話記録」の信用性は大きく揺らいだことだけは事実だった。

 これらの疑問について矢野はどう応えたのか。平成14年11月28日に行われた「許さない会」裁判の反対尋問における矢野の供述をみよう。

「許さない会」代理人  このテープなんですけれども、一連のつながりのテープとして反訳を出されました。そのテープ自体、ダビングはともかく、テープを編集しておりませんか。

矢野  そういうことありません。お渡ししたテープそのものが一連のもので、途中で止まっておりますけれどもね、一連のテープですから、編集するようなことはないですね。

代理人  途中では止まってるというのは、1回目訪問、2回目訪問の間に止まってるということですね。

矢野  そうですね。1時間待ちましたから、1回帰ったときに、それは止めているということですね。

代理人  お店に行って会話してる途中では、テープを止めたということはありませんか。

矢野  いや、止めてないですね。それは専門家に鑑定していただければ、すぐわかることだと思いますよ。

代理人  ……あなた方がいう2回目に行ったときの会話(矢野が提出したテープに基づいた新たな反訳)の中に、「録音テープ途断の跡」というふうに書いてあるんですけども、そこでテープが1回切れてると、で、またスタートしてるというふうに言ってるんですが、記憶ありません?

矢野  それは、だから、鑑定書でもお出しになればいいと思いますが、まだ帰ってきてないんですかって聞いてますから、8時少しぐらい前に行ったときに録音をしていたものですから、途中で止めたということはないですね。

代理人  テープ自体はいじってないと。

矢野  そうですね。

 テープ途断の跡については、そう聞こえるにすぎないのかもしれないし、矢野がダビングの段階でテープを編集したと断定できる証拠はない。しかし、矢野が提出した「会話記録」の時間帯が違うということになれば、すなわちそうすることによって矢野が3回目の訪問時の矢野の発言をなかったことにしようとしたとすれば、テープが「一連の」ものであり、テープの改ざんがなかったのだとしてもなお、矢野が「会話記録」を改ざんしていないということにはならない。


(第19回へつづく)

関連記事

テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済

TOP