ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

東村山街宣事件控訴審判決(その1)
弱々しい抵抗

――不当判決だ。社会通念上許されない。当然、上告します。

 平成23年4月21日午後2時。東京高裁824号法廷で右翼Mの声がむなしく響いた。その声はあまりにも弱々しく、よく聞き取れないほどだった。傍聴席にいた支援者らしき女が 一言だけ右翼Mに呼応したものの、それに続く者はなく、法廷内はすぐに静まり返った。

 東村山市議の矢野穂積、朝木直子(「草の根市民クラブ」)と結託、東村山市内などで行ったデマ街宣により名誉を毀損されたとして、創価学会が右翼Mと浦安の行政書士(いずれも「行動する保守」と称する右翼グループの活動に参加していた)を提訴していた裁判で東京高裁は平成23年4月21日、連帯して110万円の支払いおよび街宣禁止を命じた一審判決を支持し、右翼Mと行政書士の控訴を棄却する判決を言い渡した。

 判決言い渡しを聞いた右翼Mは、抗議してみたものの、抗議したからどうなるものでもないことはよくわかっていたし、脅しや大声が通用する世界でもないことを理解していたようにみえる。傍聴に来てくれた支援者の手前、何か抵抗しなければ恰好がつかなかったというところだろう。

 一審で右翼Mは元暴力団組長に対する証人申請が却下されると裁判官の壇上に駆け上がって裁判官を追いかけ、裁判官専用出入り口のドアノブに手をかけた。自らの主張を容認しなかった裁判官に対して実力を行使しようとするもので、裁判制度の根幹を揺るがしかねない異常な出来事だった。

 以後、東京地裁は「行動する保守」関連裁判では厳戒態勢を敷き、一審の判決言い渡しの法廷では屈強な警備員が2名、裁判官の脇を固めた。右翼らの襲撃に備えたものであることは明らかで、右翼に対する裁判所の強い意思を示すものでもあった。

 女傑Mなど傍聴にやってきた数人の支援者も、いかに判決に納得がいかなくても、法廷で大声を上げても無意味であることを学習したものとみえる。ただ彼らにとって、判決をすべて理性で受け止めるのはまだ難しかったようである。その腹いせか、女傑Mはそばにいたジャーナリストに絡み、右翼Mは法廷の壁を殴りつけていたという。彼らはまだ世の中の仕組みと折り合いがつけられないらしい。

右翼と矢野との親密な関係

 平成20年夏、朝木明代の万引きを苦にした自殺をめぐり、「(宗教団体による)他殺」と主張する東村山市議、「草の根市民クラブ」の矢野穂積と朝木直子によるデマを盲信し、積極的な街宣活動を展開する珍しい勢力が突如出現した。「行動する保守」Aなど複数のグループを糾合した「行動する保守」と称する一団である。

「行動する保守」Aらのシンポジウムに招かれた矢野と朝木は明代の「万引き冤罪」と「他殺」を主張。平成20年9月1日には右翼が東村山東口駅前で明代の転落死事件の「真相究明」を求める集会を開催し、集会の最後には矢野と朝木も駆けつけた。この日、右翼らは「万引きは捏造だ」とする矢野と朝木の主張に触発されたのか、万引き被害者の店に押しかけ「万引き捏造を許さないぞ」などの罵声を浴びせるなどした。いわゆる「行動する保守」による「洋品店襲撃事件」である。

 同年11月16日には右翼らが再びシンポジウムを開催、矢野は右翼らに向かって明代の万引き被害者に対して電話をかけろなどと煽動した。すでに彼らの一部が被害者の店に押しかけて罵声を浴びせている事実からすれば、嫌がらせが繰り返される可能性が高いとみられた。現実にその後、被害者の店には不審な電話が相次いだ。

 こうして矢野と朝木は「行動する保守」と称する右翼グループと急速に関係を深めていった。翌平成21年3月議会には右翼が傍聴に訪れ、傍聴人をビデオで撮影するなどして物議をかもしたこともある。

 問題となったいわゆる東村山街宣は右翼グループと矢野・朝木が関係を深める中で行われたが、その直前には右翼らが矢野と朝木の発行する政治宣伝ビラの配布活動に従事していたとして右翼Mは控訴理由書の中で次のように述べている。

〈当時の状況として、……(行政書士)と共に十数人のメンバーで東村山・東大和両市内においてミニコミ紙(矢野の政治宣伝ビラ=筆者)を各家庭のポストに投函する活動を実施していた。この活動は、(行政書士らが)……矢野穂積東村山市議、故朝木明代の長女である朝木直子東村山市議が発行する「東村山市民新聞」「北多摩新聞」を各家庭のポストに投函することで、部数に応じて代金を受け取るという有料ボランティア活動であり、(行政書士ら)は既に2週間ほど続けていたものである。〉

 右翼Mによれば、矢野と朝木は右翼らに代金を支払ってビラを配らせていたということになろうか。右翼Mが行政書士らとともに東村山で問題の街宣を行ったのはその直後である。矢野の関与について右翼Mはこう述べている。

〈(行政書士から)「Mさん、矢野さんからの伝言ですが、『当たり屋に気をつけてください』、と言うことです」、と言われた。……この一言を聞いて(右翼M)としては、本日の宣伝活動は被告K(行政書士)が矢野穂積の承諾を得て実施しているものであると理解した。〉

 この街宣には矢野も朝木も姿をみせていない。しかし右翼Mは、行政書士の背後で矢野がなんらかのかたちで関与していたとみていたようである。右翼Mは思い込みが強い傾向があるので、上記「理解」については少し割り引いて受け止める必要があろう。ただ、矢野の承諾があったかどうかはともかく、街宣の内容からして右翼Mらが矢野と朝木のひとかたならぬ影響下にあったことは疑問の余地がない。

「認識」と「現実」の間

 さて後に詳述するが、右翼Mは控訴審で「行動する保守」Aが「聞いた」とする「内部告発」の存在を根拠に明代の「他殺説」を主張した。少なくとも右翼Mは「行動する保守」Aが主張する「内部告発」を真実であると信じていた。

 一方、右翼Mの絶大な信頼をよそに、「行動する保守」Aは千葉との裁判で「内部告発」の立証からさっさと手を引き、千葉の要求をほぼ丸飲みする条件での和解が成立している。千葉のもとに送付された和解調書には、平成23年4月25日付で、それが「正本」であることを証明する旨の書記官の署名が付されている。和解が成立していることは、争いようのない客観的事実である。

 ところが仄聞するところによれば、「行動する保守」Aは「千葉との裁判はいまだ係争中との認識」という。「認識」は「認識」でよいが、その「認識」が客観的事実と一致しているという証明はない。

 そもそも「行動する保守」Aの「認識」など、どうでもいい。「行動する保守」Aが「認識」という言葉によって客観的現実から目をそらせようとしたとすれば、まれにみる卑怯者という評言もあながち的はずれとはいえないようである。

(つづく)
関連記事

TOP