ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

朝木明代転落死・鍵隠蔽事件 第5回
微妙に異なる記述

 平成7年9月1日午後9時10分前後に事務所に帰ってきた時点で矢野は、明代の身に特に何か異変が起きたとは感じなかった。その約10分後の午後9時19分、事務所に明代から電話がかかる。明代は自宅にいて、「ちょっと気分が悪いので、休んで行きます」という。

 つまり明代は、事務所に自分で鍵をかけて自宅に戻っていたことになる。矢野によれば、明代は事務所には来ず、以後、矢野は明代と会っていないという。

 矢野が事務所に帰ってくる以前に明代が事務所に鍵をかけて出たことは、その後の朝木宅の電話発信記録からも客観的事実であることが確認できる。家に帰った明代が事務所を出る際に鍵をかけることに不自然な点はない。

 すなわち矢野が事務所に帰ってきたときの状況として述べる内容のうち、事務所に誰もおらず、ドアには鍵がかかっていたことに限っては客観性がある。ということは、自宅から事務所に電話をかけたとき明代は事務所の鍵を所持していたということである。

 ところが転落死した明代は鍵を持っておらず、矢野によれば事務所にも自宅にも鍵はなかったという。これはどういうことなのか。「持っているはずの鍵がどこにもない」→「第三者によって持ち去られた」→したがって「明代の転落死には第三者が関与している(殺された)」――警察犬を動員した現場検証でも鍵が発見されなかったことについて矢野と朝木はこう主張していたのである。

 ところで、矢野が事務所に帰ってきたときの状況に関しては『怪死』(教育史料出版会=乙骨正生著)でも詳細な記述がある。当然、その内容は矢野の説明に基づくもの以外にはあり得ない。



(『怪死』における事務所内の様子)

 9時10分頃。矢野氏が「草の根」事務所に戻る。事務所の電気、クーラー、ワープロがつけっぱなし、外出のとき常に持ち歩くカバンは事務所に置かれたまま。中には、翌日、高知に行くため普段より多めの現金が入った財布も残されたままだった。



 『東村山の闇』にも同じ状況に関する記述があるが、なぜか『怪死』とは微妙に異なる。『東村山の闇』における該当個所は以下のとおりである。



(『東村山の闇』における事務所内の様子)

 エアコンはついている。手前のテーブルをみると、彼女の大きいショルダーバッグが口を少しあけたまま置いてある。ワープロも開いたままだ。



 現実に体験した当事者と取材して書いた者の間の感覚的なズレという以上に、この2つの記述には大きな違いがある。『怪死』では明代が何者かに誘い出された直後だったとしてもおかしくないと思わせる筆致だが、『東村山の闇』では矢野自身が最後に「気に留めないことにした」と明代の異変を否定している。両者の違いは、『怪死』が書かれた当時は「事務所からの拉致」が前提だったのに対し、『東村山の闇』では「自宅から拉致された」ことになっているという背景事情の変化に起因すると私は考えている。

財布の中まで確認した矢野

 全体的なニュアンスの違いだけでなく、具体的な描写にも大きな違いがある。『怪死』には記載されているバッグの中身、とりわけ重要な要素であるはずの「いつもより多めの現金の入った財布」があったことが書かれているのに対し、『東村山の闇』では、事務所に置いてあったと矢野がいう明代のショルダーバッグが「口を少しあけたまま」だったと書かれているだけで、バッグの中の財布にはまったく触れられていない点である。

『怪死』が「ふだんより多め」の額が入った財布に触れているということは、矢野が明代の財布の中身を確認した事実を伝えたということにほかならない。矢野自身も、『週刊文春』〈反創価学会女性市議の「怪死」〉(平成7年9月14日号)で次のようにコメントしている。



(『週刊文春』における矢野のコメント)

「バッグもあって、後で確かめたら中には財布も入っていた。だから、スグ帰ってくるだろうと思っていました」



 これは平成7年9月1日午後9時10分ごろ、矢野が事務所に戻った直後の状況とそれに対する矢野の感想である。この『週刊文春』の記事で矢野は「事務所から誘い出された」可能性を述べている。したがって記事の前提にある「イメージ」は『怪死』と同じだから、矢野は財布の話を述べたということと理解できよう。

 しかしなぜ矢野は、乙骨と『週刊文春』には話した財布のことに『東村山の闇』ではいっさい触れないのか。他人である矢野が明代のバッグの中を覗くということはプライバシーを侵すものであり、異常な行為である。よほど何か命に関わるような重大な出来事が起きたのでない限り、他人のバッグだけでなく財布の中身まで覗くなどあってはならない(そもそも、その目的も定かでない)。矢野はいつのころか、自分が他人の妻である明代のバッグの中だけでなく、財布の中身まで覗いたことの不自然さにおそらく気がついた。

 言い換えれば、矢野が明代の財布の中身まで覗くということは、明代の身によほど重大な何かが起きたという事実を矢野が把握していたことを意味する。しかし矢野にとって、そのような事実があっては困るのである。だから、『東村山の闇』ではバッグの中身にはいっさい触れなかったということではないのだろうか。

(つづく)
関連記事

TOP