ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

朝木明代転落死・鍵隠蔽事件 第8回
バッグに触れない不思議

 自殺直前の明代のバッグに関する目撃証言は、明代がいつ事務所にバッグを置いたかを特定するにあたってきわめて重要である。ところが矢野が「事務所からの拉致」を否定して以降、矢野にとって自殺当夜の明代の目撃証言、とりわけバッグに関する証言を確認されることはあまり好ましいことではなくなったように思える。『東村山の闇』でも、明代の目撃証言は最小限の情報しか記載されていない。



(『東村山の闇』における明代の目撃証言)

 ……矢野さんは予定されていた多摩湖町での「自治会長会議」へでる。それが7時。そのあと母(筆者注=明代)はいったん家へ帰る。……

・7時半すぎ、自宅へ向かう母を見かけた人がいる。
・8時半、事務所へ向かう母をみかけた人がいる。
・9時10分過ぎに矢野さんが事務所に帰る。



『東村山の闇』におけるこの記載部分はわざわざゴシック体で目立つように印刷されている。にもかかわらず、この記録には重要な目撃証言が記載されていないのである。

 朝木はなぜ『怪死』や『週刊文春』にはあった「カバン」の目撃証言に触れないのか。きわめて不可解というほかないが、実の娘である朝木がこれほど重要な事実を無視するとは、「真相究明活動」をしてきたにしてはあまりにも軽率ではあるまいか。

 自殺当夜の朝木明代の目撃証言を時系列で丁寧に整理しながら、バッグの目撃証言に関してだけは、朝木はなぜ割愛あるいは無視したのだろう。本連載第7回までにみてきたように、矢野が明代のバッグの中身を調べた事実とその行動の特異性(異常性)からみて、矢野が事務所に帰った午後9時10分ごろに明代のバッグがあったとする矢野の説明は不自然である。

 むしろ明代は矢野が事務所に帰ったときよりももっとあとの時間帯にバッグを事務所に持っていった可能性がある。その点に疑問を持たれるのを避けるために、朝木はあえてバッグの目撃証言を割愛ないしは無視したのではないかとさえ思える。そうでなければ、「真相究明活動」をしているはずの実の娘がこれほどずさんな事実整理をすることは通常では考えにくい。

鍵がないことを知っていた矢野

 千葉は明代の鍵について、西村修平との裁判で「鍵は現場検証後に置かれたものである」と述べた。すると矢野は「鍵が現場検証後に置かれたということは、明代が自分で置いた(落とした)ものではなく第三者が置いたということであり、明代の転落死が殺人事件である証拠」と主張した。

 しかし矢野のこの主張は、明代の転落死にまつわる他のいっさいの事情を無視して鍵発見の状況だけを見ても、それだけでただちに明代が何者かに殺されたと断定するには拙速のそしりを免れないのではあるまいか。当時の明代を取り巻く状況と当夜の目撃証言、明代の会話の状況、現場の状況などあらゆる観点から総合的に判断すべきであり、矢野のように結論を急ぐべきではあるまい。

 むしろ鍵発見以外の状況は明代が自殺をはかったことを示している。すると鍵については、何者かが捜査を攪乱するために置いたものではないかという推理さえ成立しよう。千葉はそうみていた。

 自殺現場に鍵を隠した人物は明代の鍵に触れる機会があった者であり、その機会があった者は限られる。これまで見てきたように、自宅にいた明代は夜9時19分に事務所の矢野に電話したあと午後10時前に事務所に行った可能性があるのではないかと考えることに合理性がないとはいえない。すなわち、明代がバッグの中に鍵を入れていたとすれば、バッグの中身を調べた矢野は現場から出てきた鍵に触れることができたということになる。少なくとも矢野は明代の鍵に触れる機会があった可能性を持つ人物の1人である。

 矢野にはもう1点、「鍵がない」といいながら実は矢野は明代の鍵の行方を知っていたのではないかと疑わせるに十分な事実があった。矢野は明代の鍵がないことが確認できる状況となる以前に鍵がないことを知っていたのである。

 この種の事件においては通常、何があって何がないかがほぼはっきりするのは、事情聴取や現場検証、捜索等を終え、着衣や所持品、遺留品などが遺族に返還された時点か、少なくともそれよりもあとである。ところがジャーナリストの乙骨正生は『怪死』において、検死前の時点の話として矢野が「履いていた靴がなく、所持していたはずの鍵も見つからないなど不自然かつ疑問点が多い」などと説明していたというのである。

 矢野自身も、初動捜査終了直後の現場の状況について「東村山市民新聞」にこう記載している。



 カギ束・靴など朝木明代議員の所持品が未発見ということが知られていたから、報道だけでなく、一般市民も現場階段を多数が上り下りし、……



 警察はその時点では鍵がないことなど知らない。すると、一般市民までが知っていたかどうかは別にして、マスコミが靴だけでなく鍵もないことを知っていたとすれば、その情報源は乙骨には同じ話をしていた矢野以外にはない。

 転落現場で鍵が発見されなかったことについて矢野と朝木は『東村山の闇』で次のように述懐している。



(『東村山の闇』の記載)

 9月3日は通夜の日だった。午前、東村山警察署に長女の直子さんと次女の淳子さんらと朝木明代さんの遺品を受け取りに出かけた。

 衣類と腕時計しかなかった。持っていたはずの事務所の「鍵束」はなかった。靴もなかった。



 本来なら矢野はこの時点で、明代が事務所の鍵束を所持していなかったことを明確に認識したことになる。ところが矢野は9月2日、遺品も返してもらっていない段階で、明代が鍵を持っていないことを知っていた。矢野はなぜ明代が鍵を持っていないことを知り得たのだろうか。当然、鍵を隠匿した本人だからという推論も成立し得よう。

誰からも疑われない人物

 ところで矢野は、鍵が警察の捜索後に置かれたことを追認した上記「東村山市民新聞」の記事で次のように続けている。



 しらみつぶしのように大々的な「捜索」がなされたが、発見できなかったのである。そのとおりだ。大勢の報道関係者らが、行きかうあの階段で、人目につかず、「『カゴ』に入った使用済みのおしぼりの間」に、あの派手な「鍵束」を入れる芸当は簡単ではないはずだ。



 鍵がおしぼりの間に入れられた状況を再現するかのような臨場感あふれる記述である点できわめて興味深い。おそらくこの推理はほぼ当たっているのではないかと私も思う。あの狭い現場には「大勢の報道関係者」のほかに矢野も朝木も、その他の関係者もいたはずである。

 そのような現場で仮に「犯人」が鍵を隠そうとすれば、何もしなくてもその場所にいるだけで人目につこう。これこそ矢野と朝木が好む「不審者」である。ところが「捜索」の現場でそのような「不審者」がいたという情報はいっさい存在しない。

 すると考えられるのは、鍵は「捜索」の現場に立ち会っていても誰からも不審に思われない人物によって隠された――こうみるのが最も合理的なのではあるまいか。

 あらためて整理すると、鍵を現場に隠したのは、「鍵を入手できる可能性があった人物」「鍵がなくなっていることを当初から知っていた人物」、さらに「転落現場で遺留品を捜索していても誰からも不審に思われない人物」――この3つの条件を満たす人物ということになろうか。

(つづく)
関連記事

TOP