ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

第2次「行動する保守」事件 第14回
「出版妨害」を主張

 東村山駅前における「行動する保守」Aの演説は15分弱で終わり、本人も支援者も万引き被害者の店に近づくことなく、車に分乗して東村山市役所に向かった。千葉と私が市役所に着くと、市役所の入口付近で街宣が始まろうとしていた。おおむね東村山駅前にいたメンバーがそのまま移動したようにみえたが、「行動する保守」Aとその弟子は「取材の予定がある」ということでどこかに行ったらしく姿が見えない。

 一団は市役所の正面玄関入口付近に庁舎を背にして立っている。彼らの前には道路を挟んで中央図書館と市民センターがあり、市民の往来も少なくなかった。もちろん市役所内にも多くの市民が行き来している。

 彼らの背後、市役所の玄関付近では10名近い職員が動向を見守っていた。「行動する保守」Aらが街宣を行う予定であること、彼らがどのような傾向の集団であるか、また彼らが「草の根市民クラブ」の矢野、朝木と深い関係にあることは事前に情報を把握していたようである。そんな中で、主催者である「行動する保守」Aが不在のまま、支援者の1人が街宣を開始した。



(万引きすれば品物に)DNAが残るはずなんです。そういうことを調べもしていません。そして、物的証拠も何もなく、……(朝木明代は)万引き犯なんて仕立て上げられ、それが原因で自殺したなんて吹聴してたのが創価学会です。こんなことは許してはいけません(合いの手「そーだー!」)。朝木さんは、……政教一致だ、憲法違反だと創価学会をしきりに批判していた方でした。そのとたんに、このような不思議な事件(筆者注=転落死(=自殺)事件)が起きました。そしてそののちに、朝木さんはまったく関係のないマンションで転落死、非業な死を遂げました。しかしですねえ、この死にも非常に疑問が残ります。

 ……『憚りながら』という本、……山口組後藤組組長の後藤忠正組長が創価学会から○○の仕事を請け負い、その結果、多くの人を負傷せしめた、脅迫したと、……書いたものであります。その本をですねえ、創価学会はですよ、その絶大なる権力をもって、その本をですよ、発売禁止、言論封殺を行っているのであります(合いの手「とんでもなーい!」)。そして創価学会は、そういう反社会的なカルト的な宗教団体であります。その団体がですよ、……総体革命などといって日本を乗っ取ろうなどと企てています。このような創価学会・公明党の癒着をわれわれは質していきたいと思っています。



 この支援者は前段で、「朝木明代は創価学会を批判したとたんに非業な死を遂げた。ところが創価学会は、明代が証拠も不確かな万引き事件が原因で自殺したと吹聴した。警察が自殺と断定したこの死には、他殺ではないかとの疑問が残る。」と述べている。これもまた「行動する保守」Aの演説と同様に、婉曲に「明代の死には創価学会が関与している」と主張しているものと理解できよう。

 またこの支援者は後段で、「元暴力団組長が創価学会との反社会的な関係を記した本を出版したが、創価学会はその本の発売を禁止させている」と主張している。この支援者は創価学会が『憚りながら』の発売を妨害しているというのである。そのような事実を私は寡聞にして知らないが、何か具体的な証拠でもあるのだろうか。そのような証拠が存在しなければ誹謗中傷ということになる(ちなみにインターネットでは買えるようである)。無名の支援者であろうと「行動する保守」Aが主催する街宣活動で事実に反する発言をすれば、主催者も責任を問われる可能性がないとはいえまい。

ダメを押した女傑

 演説の最終盤には、1人の女性参加者が周囲にはっきり聞き取れる声で次のように発言して、この演説内容を全面的に支持した。

「創価学会は犯罪組織ですからね」

 新しい女傑の出現だろうか。その女傑は〈創価学会の「疑惑」に沈黙するな! 東村山女性市議・朝木明代さん謀殺事件の徹底究明 創価学会・公明党の政教一致は憲法違反だ〉と記載された横断幕の片端を支えている。女傑のこの発言によって、支援者の演説の趣旨はより明確化したように思える。〈創価学会は犯罪組織だから、朝木事件に関しても創価学会には「疑惑」がある〉と彼らが主張しているのは明白である。

 続いてこの女傑は、自らマイクを握ってこう演説した。


  
 日本人の方は創価学会と関わらないでください。在日系の犯罪組織ですから。海外ではちゃんと報道されています。特別番組なんかも出来て、報道されています。でも日本は、NHKをはじめとして電通もそうですけど、みな在日系の人たちに支配されてしまっているので、報道の自由がありません。……創価学会っていうのは、……中国や韓国が非常に侵略しやすいように手引きしている組織なんですよ。



 常識で判断すると、にわかに信じられない部分が多くあるが、いつの間にか街宣に戻ってきた「行動する保守」Aを含め、彼らの間では受け入れられているものと思われる。しかし創価学会を「犯罪組織」と言い切ってしまうのはいかがなものだろうか。仮に問題になった場合には当然、主催者である「行動する保守」Aに責任が及ぶことは避けられないのではあるまいか。

 彼らの立っている位置から道を挟んだところにある中央図書館から出てきて何事かと立ち止まる人もいる。この中に女傑の演説を真に受けた人は皆無であるという保証はない。

(つづく)
関連記事

TOP