ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

「朝木宅襲撃事件」 第6回
「朝木宅襲撃事件」第5回より続く)

「殺害未遂事件」と断定

 平成18年3月31日付「東村山市民新聞」第144号1面に、トップ記事に並ぶ扱いで(しかしトップ記事ではない)次のような見出しが躍った。

〈殺人未遂事件〉〈暴漢、朝木直子議員を日曜早朝に襲う!〉

〈やっぱり! これではっきりした11年前の朝木明代議員殺害事件の真相〉

〈酔っ払いを装い、朝木直子議員を狙い大胆不敵な犯行。調査進み、殺人未遂事件で刑事告訴へ〉

筆者注=「東村山市民新聞」第144号は「2005年3月31日」発行となっているが、「2006年3月31日」の誤りである。)

「『暴漢』が朝木直子議員を襲った」と称する事件が起きたのは平成18年2月5日午前6時30分ころのこと。私の知るかぎり、矢野と朝木は「事件」について同年2月10日以降、それが酔っ払いを装ったもので、朝木直子襲撃を目的に侵入したものであるなどと繰り返し「報道」および主張をしてきた。その経過と内容の変遷をまとめると以下のとおりである。

①2月10日  多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」
②2月28日  多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」
③3月2日   多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」
④3月3日   多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」


筆者注=多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」は新しい日付の日に、放送内容が改変されている。前の放送から次の日付の日までは同一内容のまま1日に6回繰り返し流された。めったにみられない放送局である。)

 ここまでの放送における基礎情報は同一録音のもので、その趣旨は「『暴漢』は朝木直子に危害を加える目的で朝木宅敷地内に侵入してきた。この事件が起きたことで朝木明代の転落死が『殺人事件』だったことが明らかになった」というものだった。なおこの時点で、矢野が主張する「暴漢侵入事件」と朝木明代の転落死との因果関係について具体的な説明はない。

⑤3月3日   東村山市議会本会議において矢野が「『暴漢侵入事件』は『殺人未遂事件』である」と発言

 平成18年3月3日に行われた東村山市議会本会議の一般質問で矢野は大げさに声を張り上げ、講談を思わせる語り調子で次のように「暴漢侵入事件」に言及した。

矢野  ところで本年の2月5日未明に、諏訪町の朝木直子議員自宅敷地内に暴漢が侵入し、……ぶっ殺してやるなどと叫びながら、ガラスを蹴破って押し入ろうとする殺人未遂事件が起きたのであります……。……今後、どういう展開になるかは非常に興味深いところでありますが、このことをもってしても、朝木明代議員の事件に犯人がいることは明らかになったといわざるを得ないのであります。

 矢野が「暴漢侵入事件」に関して「殺人未遂事件」という文言を使用したのはこれが初めてである。「住居侵入」と「殺人未遂」では罪の重さがだいぶ異なろうが、前日の「ニュースワイド多摩」の放送で矢野は基礎情報のあと、〈事件がその後、経過が注目されるんですが、この件に関して続報が入りましたらまたお伝えしたいと思います〉と述べるにとどまっており、同日放送の「ニュースワイド多摩」でも同じ録音が流されている。

 3日の「ニュースワイド多摩」が2日放送分と同じ内容であるのは録音を更新する時間がなかった可能性があるとしても、前日の放送から一般質問までの間に矢野は「暴漢侵入事件」を「殺人未遂事件」と断定するだけの「続報」を入手したのだろうか。その点に加え、一般質問の時点で「暴漢侵入事件」と明代の事件にいかなる具体的な因果関係があったのかに関する説明もいっさいない。

⑥3月8日   多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」

※基礎情報はこれまでの放送と同一だが、この日に至ってもまだ矢野が本会議場で「殺人未遂事件」と断定したことに関する具体的情報は示されず、3月8日の放送では朝木宅の門近くに人間のものとおぼしき半固体排泄物が置かれていたとし、「暴漢侵入事件」との関連を匂わせるにとどまった。もちろんこの半固体排泄物を置いたのが誰かは、あれから7年が経過した現在もいっこうに明らかになっていない。


⑦3月9日   多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」
⑧3月10日  多摩レイクサイドFM「ニュースワイド多摩」

※基礎情報はこれまでの放送と同一。矢野は3月8日に続いて翌9日にも「ニュースワイド多摩」の録音を更新した。しかし、前日の放送で取り上げた半固体排泄物についてこの日も「暴漢侵入事件」の真相に深く関係しているかのように解説したが、その具体的な根拠は示されない。しかし同日の放送で矢野は「犯行グループ」という文言を初めて使用し、「暴漢侵入事件」が組織的な犯行であることを匂わせた。ただしなぜ「犯行グループ」といえるのか、その根拠は示されない。

 3月10日もここまでは同じ内容だったが、別のニュースの中で唐突に事件に触れ、「『ぶっ殺してやる』といっていたので、殺人未遂と同じようなもの」と発言。「ニュースワイド多摩」で初めて「殺人未遂」の文言が使われた。この日の矢野の主張によれば、「『ぶっ殺すぞ』といった」ことが「殺人未遂」である根拠ということらしい。

 これはどこの国の法律だろうか。朝木直子が事件の被害者であること自体を否定するつもりはない。しかし憶測や誇張を交えて被害を過大に訴えることは、かえってどこまで本当なのかと不信感を持たれかねないし、加害者に対して存在しない罪を被せることになるのだった。

(つづく)
関連記事

TOP