ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

「朝木宅襲撃事件」 第11回
記載内容に反する供述

 警察は「犯人」に対して週刊誌が記載したとおりの認識(「常習の酔っ払い」)を持っており、「保護した後に釈放する」つもりだったようである。警察は明らかな被害があったと認定した場合には、被害者に対して加害者の処分内容を伝えるのが普通である。朝木は被害届を提出しており、両誌にもその様子が記載されているが、そのタイミングは処分を挟んで微妙に相前後している。両誌の記載内容は以下のとおりである。



『週刊新潮』

〈結局、この男は家宅侵入や脅迫行為の現行犯にもかかわらず、なぜか釈放されてしまう。……
「私は納得できず、すぐに被害届を出しました。……」

『週刊実話』

「……警察は……保護した後に釈放するというのです。とても納得できませんでしたので、すぐに被害届を出しました」



『週刊新潮』では、文章の流れからすると、被害届を提出したのは「釈放されたことを知ったあと」のように読める。一方『週刊実話』では「釈放するという警察の方針を知ったあと」であると読めよう。いずれにしても、朝木が被害届を提出したのは警察の方針にかかわらず、ではなく、「釈放」という警察の方針と密接に関係していたことに変わりはない。

 ところが、警察から「釈放」の話があったかどうかについて朝木は尋問で次のように供述している。



朝木代理人  朝木さんは釈放に応じることはあり得ないとおっしゃっていますけれども。

朝木  あり得ません。それから、そういうお話も、釈放するとかしないという話は一切ありません。……



 両誌には確かに記載されている「釈放」の文言が、朝木によればいっさい存在しないとはどういうことなのだろう。常識的にみれば、朝木が説明していないにもかかわらず、2誌の週刊誌が揃いも揃って偶然にも、東村山署が「釈放」の方針だったことを朝木に伝えたとする記事を記載するとは考えられない。つまり朝木は記事のような説明を両誌にしたと考えるのが自然である。したがって、朝木の法廷での供述は事実に反するとみるのが合理的なのではあるまいか。

 では朝木はなぜ法廷で警察から「釈放」の文言さえ聞いていないと供述したのだろう。私には、警察から「釈放」するという話があったとなれば、それは警察が最初からやはり事件を「酔っ払いによる騒動」とみていたことを裏付けることになると判断したからではないかという気がする。

 朝木は両誌の記事について「ちょっと事実関係がかなりずれているなというところはありましたけれども、特に抗議をする事件の本筋をゆがめるようなものでもなかった」と供述しているが、彼らが「殺人未遂事件」とまで主張している事件に対して警察が「犯人」をすぐ「釈放」する方針だったなどと朝木の説明に反する記載をしたことも、朝木からみれば抗議をするようなものではなかったということなのだろうか。

被害届の記憶はあやふや

 さて、いずれにしても朝木は被害届を提出した。矢野と朝木は「事件」を「殺人未遂事件」だと主張している。朝木の法廷での供述によれば「釈放に応じることはあり得ない」というから、やはり被害届の罪名もよほど罪状の重いもの、つまり彼らが主張している「殺人未遂事件」だったのだろうか。この点についても朝木の法廷での供述がある。その供述はやや意外なものだった。供述を聞こう。



宇留嶋代理人  被害届には、罪名が書いてありましたか。

朝木  被害届には、確か器物破損とか脅迫みたいなことが書いてあったような気がするんですが。

代理人  器物破損とか脅迫とか、そんなふうに書いてあった。

朝木  はい、住居侵入も入っていたような気がします。

代理人  殺人未遂までは入っていなかった。

朝木  そうですね、殺人未遂は書いてなかったかもしれませんね。



 朝木が被害届を提出したことは事実のようである。しかしあれほど「殺人未遂事件」と騒ぎながら、まず被害届の罪名欄に何と書いてあったか記憶もあやふやな様子である。確かに少なくとも自宅に不法侵入され、ドアを蹴られたり怒鳴られたりした被害者としては、被害届を提出した時間帯にはまだ十分に落ち着きを取り戻していたとはいえず、明確に記憶に残っていなかったということもあり得ないことではあるまい。

 ただこの尋問の流れの中で朝木は、私の代理人から「器物破損とか脅迫とか」と聞き返され、自発的に「住居侵入も入っていたような気がします」と答えている。私の代理人はここで「住居侵入は?」とは一言も聞いていない。記憶になかったにもかかわらず「住居侵入」という聞かれていない罪名が出てくることは考えにくい。

 さらに「住居侵入も入っていた」ような気がする一方、「殺人未遂までは入ってなかった」という質問に対して朝木は「殺人未遂は書いてなかったかもしれない」と供述している。するとやはり、朝木が提出した被害届には「住居侵入」とは書かれてあっても「殺人未遂」とは書かれていなかったとみるのが自然である。つまり朝木の事件に対する認識もその程度だったとみるべきなのではあるまいか。

 いずれにしても、仮に朝木が「犯人」の釈放に応じなかったとしても、結果として東村山署は「犯人」をすぐに釈放した。

処遇を聞かなかった朝木

 ところで朝木は「釈放に応じることはあり得ない」理由として、朝木の代理人に対して「釈放なんてされたら怖くて、家に仕返しに来るんではないかとか、また来るんではないかというふうな恐怖が、2、3日はとにかく、寝られませんでしたから、私も、警察にいると分かってても寝られませんでしたから」と述べている。

 だから朝木は、警察の事情聴取の際「しっかり処罰してほしい」と申し入れたという。ところが朝木はそのとき「犯人」の処遇がどうなるかについては聞かず、それ以後1カ月以上も「犯人」の処遇について聞かなかったという。「事件」の発生が2月5日で、その2週間後には「事件」を報じた『週刊新潮』が、3月初旬には『週刊実話』が発売された。雑誌は取材させてもらった相手には寄贈するのが普通で、明代が自殺した際にマスコミ対応には手慣れている矢野と朝木が記事を読んでいないということはあるまい。

『週刊実話』が発売されたころ、すでに矢野は「殺人未遂事件だ」と主張しはじめている。ところが記事には両誌そろって、警察はただの酔っ払いとみており「釈放する方針」であるとする趣旨の内容が記載されている。警察への対応にも十分な経験を持ち、「釈放に応じることはあり得ない」と主張する朝木は、それでもなお東村山署に処分内容を問い合わせなかった。「釈放に応じることはあり得ない」とする主張とは矛盾するもので、矢野と朝木にしては想像しにくい消極さというほかない。

 その理由は何なのか――。やはり事件は少なくとも「殺人未遂事件」と呼ぶようなものではないことを、朝木も矢野もよくわかっていたからではないのだろうか。

(つづく)
関連記事

TOP