ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

右翼M事件・債権取り立て編(その3)
3度目の督促

 平成25年3月7日に千葉が損害賠償金の支払いを求めたのに対し、右翼Mは常識では理解できない回答書(平成25年4月5日付「賠償金の支払い請求について」)を送りつけたきり、支払いの意思をまったく見せていない。裁判所で排斥された主張を法廷外で蒸し返し、裁判所の命令を無視して損害賠償の支払いを拒否するとは、やはり千葉が見抜いたとおりの「情けない右翼」である。あるいは右翼Mは、社会のルールに適応できない(したくない)風変わりな性質なのだろうか。当たり前の話だが、いずれにしても右翼Mは裁判所の支払い命令から逃れることはできない。

 そこで千葉は右翼Mに対し、平成25年7月2日付で〈賠償金の支払いについて〉と題する督促状を送付した。これが3度目の督促である。

 督促状にはまず「1」として、請求総額が「11万7800円」であること、支払い期限を「平成25年7月31日」とすることなどが記載されている。

 続いて「2」で千葉は、右翼Mが4月に送ってきた回答書に記載した主張と質問に対して反論と回答を行っている。便宜上、右翼Mの主張と質問を再度記載し、おおむねそれに対応するかたちで今回の千葉の反論と回答を紹介する。



(右翼Mの主張1)

〈(貴殿の請求は)私からの116,600円の支払を受けなければ、低下させられた貴殿の評価を回復できないという主旨による支払の請求であると理解いたします。上記主張が真実であれば、要求に従ってお支払いを実行する必要性を認めるところであります。しかしながら、記事は何ら貴殿の社会的信用及び評価を低下させるものでないことは明白であります。〉

(千葉の反論1)

(1)上記1の賠償金の支払請求は、貴殿が公表した記事が、私の名誉を侵害したとして、貴殿に賠償金の支払を命じた確定判決に基づくものであり、不当な請求ではない。



 右翼Mは東村山市議、矢野穂積と「行動する保守」Aの主張を鵜呑みにし、千葉について以下のように記載した。



①〈(朝木明代の自殺に際して)捜査の指揮をとった東村山警察署の千葉英司副署長(当時)は(「殺人事件」という事実に反して)強引に自殺として処理。〉

②〈自殺に見せかけるためにはその動機が必要となる。そのために同年6月19日に朝木市議が駅近くの洋品店でブラウスを万引きしたという事件をでっちあげた。後日取調べを受けた朝木市議は書類送検されたことを苦に自殺したというストーリーまでお膳立てしていた。〉

③〈この男こそ13年前、自殺事件にすり替えた張本人・千葉英司だったとわかった。警察を退職した今でも創価学会シンジケートで繋がり、店主を装って用心棒を演じていたとは。〉



 上記記載について裁判所は千葉の社会的信用および評価を低下させると認定し、右翼Mが真実性・相当性を立証できなかったため、名誉毀損の成立を認定したのである。右翼Mは正当な反論をしているつもりかもしれないが、法廷で排斥された独善的な主張を繰り返しているにすぎない。社会的に通用する主張かどうか客観的な判断ができないか、損害賠償金を支払いたくない気持ちの表れと理解するほかあるまい。

非を認められない体質

 続く千葉の反論をみよう。



(右翼Mの主張2)

〈貴殿におかれましては、一連の事件における責任を痛感し反省すると共に、今までの所業を悔い改めたものであろうと、私なりに推察致しておりました。しかしながら、今般貴殿より金員の支払を求めるが如き書状が舞い込んでまいりました。この事態を直視するにおいては、貴殿の今までの反省を示す平穏なる態度が欺瞞なるものであるのか、と疑問を持たざるを得ません。〉

〈貴殿及び貴殿を取巻く勢力が反省し悔い改めたということを前提として、貴殿と貴殿を取巻く勢力に対する下記の行動を実行する権利を一時的に留保してきました。しかしながら今般、貴殿が私に対し不当とも言える金員の支払を強要するような事態に直面し、権利の留保を解除することをも検討しなければなりません。〉

筆者注=さらに右翼Mは、よくわからないが、〈創価学会による言論弾圧事件を検証するパネルディスカッションの開催を要求する〉などの、本件とは無関係であるにもかかわらず創価学会に関する独自の活動を行うことを勝手に表明した上、明代の万引きを苦にした自殺について次のように息巻いている。)

〈5、平成7年に創価学会によって殺害されたとされる朝木明代東村山市議(当時)の死の真相究明の為の活動を行う。〉

〈6、「5」の事件を自殺として処理した千葉英司・東村山警察署副署長(当時)の責任を追及する。〉

(千葉の反論2)

(2)矢野穂積や瀬戸弘幸の根拠のない「冤罪(筆者注=明代の万引きが「冤罪」であるとするデマ)及び謀殺説」を確認・検証しないままに公表した貴殿に責任があるのであって、私に責任を転嫁することは、本末転倒である。また、創価学会・公明党員、そして、私の近隣住民は、賠償金の支払とは無関係である。



 判決後しばらくの間、千葉が督促しなかったことを「反省と悔い改め」の表れと理解していたとは独りよがりも限度を超えていよう。

 また明代の自殺について「真相究明活動を行う」というのなら、右翼Mが「他殺」と信じるきっかけとなった「行動する保守」Aの「内部告発」の究明から始めるべきだろう。「行動する保守A」を追及すれば、「内部告発」なるものが出所の突き止められないもの、つまりデマであることを理解するのではあるまいか。

 デマと理解できない場合は仕方がないが、デマと理解できた暁には、右翼Mは右翼らしく、「行動する保守」Aを信用したことは誤りだったと、潔く認めるべきである。「行動する保守」Aがそうであるように、具体的に何もする気がないのにいつまでも「真相究明活動を続けます」などという言い訳を繰り返すだけなら、非を認められない卑怯者ということになろう。

 さて千葉は3度目の督促状で次のように結んでいる。 



(千葉の反論3)

(3)貴殿の書面での主張と質問は、支離滅裂である上に、私に対する嫌がらせであり、極めて不愉快である。私は、貴殿からのかような書面の送達を拒否することを申し添え、貴殿の書面での主張と質問に対する反論と回答とする。



 なお、千葉に対して当初40万円を超える支払い義務を有している西村修平は、右翼Mと異なり、不定期かつ少額ずつではあるが、支払いを続けているとのことである。

(「その3」了)
関連記事

TOP