ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

選挙ポスター印刷代金踏み倒し事件 第1回
選挙ポスター印刷代金踏み倒し事件                      宇留嶋瑞郎

(この記事は松沢呉一さんのブログ「マッツ・ザ・ワールド」に掲載したものを若干修正したものです)

親戚のよしみで請け負った印刷会社

 昨年末、東村山市議、矢野穂積(草の根市民クラブ)が自分の住む団地の管理費を4年間にわたって支払っていないことが明らかになったばかりだが、矢野が難癖をつけて支払いを踏み倒したのはこれが初めてではない。他人との信頼関係をいっさい築こうとせず、それどころか自分たちの意に沿わない者、批判する者に対してはどのような理不尽な言いがかりをつけることも辞さない矢野と朝木直子の本質を知る最もわかりやすい例の1つが、今から12年前に起こした「選挙ポスター印刷代金踏み倒し事件」である。

 平成7年4月の東村山市議選で当選した直後、千葉県松戸市に偽装転居することで自ら当選を放棄、落選した矢野への議席譲渡を行い、一般人に戻った朝木直子は翌平成8年に予定されている東京都議選への立候補を考えていた。彼らが印刷代金を踏み倒した選挙ポスターとは、この東京都議選用の事前ポスターである(もちろん選挙当時は、堂々と掲示されているポスターをめぐり、そんなトラブルが起きていたとは知るよしもなかった)。

 このポスターの印刷を請け負ったのは東京・練馬区にあるS印刷。S印刷と「草の根」との付き合いが始まったのはその5年前、朝木直子の母親である朝木明代が東村山市議となって4年目の平成2年ごろである。それまで彼らは、彼らの政治宣伝ビラ『東村山市民新聞』の印刷を東村山市内の業者に依頼していたが、明代の実の姉の夫(つまり、明代にとっては義理の兄で、直子からみれば義理の伯父)がS印刷に務めていた関係からビラの印刷を委託することになった。あるいは、彼らのビラを印刷していた東村山市内の印刷所とトラブルを起こしたことがあり、代わりの印刷所を探していたのかもしれない。

 それはともかく、朝木明代はS印刷に勤める義理の兄を通じてこう依頼した。

「これまでの印刷会社では1枚3円でやってもらっているが、なんとか3円より安い値段でやってほしい」

 当時、印刷会社がB4(彼らが発行するビラのサイズ)裏表の印刷物を請け負って利益を出すには、1枚あたり6円かかるという。つまり3円でも利益は出ない。しかし、S印刷は社員の縁故者から儲けても仕方がないと、その社員の顔を立て、つまり社員の親戚のよしみで明代の依頼を引き受けることにした。その金額は1枚あたり2円90銭だった。

 こうして実際にS印刷が矢野のビラの印刷を本格的に行うようになったのは平成4年ごろ。その後、平成7年10月までは、毎月平均4万5000部の印刷代金12~13万円が滞りなく支払われていた。ちなみに、明代が万引きを苦に自殺した平成7年の取引総額は337万9027円。平成7年には市議選があったから、ビラだけでなくポスターの印刷代金など費用がかさんだようだ。

 とりわけ、明代が万引きを働いたこの年の6月、明代は16日に70万6675円(ポスター代金など)、万引き当日の6月19日に15万6078円(ビラ折り込み手数料)、30日には14万5969円(ビラの印刷代金)を振り込んでいる。明代はポスターとビラ関係の費用として6月だけで計100万8722円の支払いをしている計算になる。

 6月の明代の収入は、ボーナスにあたる期末手当92万5500円と通常の議員報酬39万6040円の計132万1540円。このうち明代は21万320円を「返上」しているから実質収入は111万1220円。仮に明代がこのすべてを自分の懐から支払ったとすれば、明代の手元には10万円余しか残らなかったという計算になる(矢野によれば、「東村山市民新聞の発行費用の多くは、代表である朝木明代が個人生計費などを充てていた」という)。明代が東村山市内の洋品店で万引きを働いたのは、銀行で新聞折り込み代金を振り込んだ2時間後である(明代はこの振込の様子が映った防犯カメラの映像を証拠として警察に提出したが、この写真を万引き被害者が確認し、万引き犯の服装と持ち物が一致していると証言。万引き犯が明代であることがあらためて確認された)。

 明代は6月30日に初めて東村山署の取調べを受け、7月12日に窃盗容疑で書類送検されるが、そんな騒ぎがあっても毎月発行されるビラの代金は滞りなく支払われていたのだった。明代にしても、親戚を通じて仕事を依頼したのだし、利益も出ないような値段でやってもらっているのだから、支払いが滞れば姉の顔もつぶすことになるという思いがあったのかもしれなかった。身内に対する自然な気持ちである。

 ところが、同年9月1日に明代が自殺を遂げて以後、矢野、直子とS印刷の関係がにわかにおかしくなる。


(第2回へつづく)

関連記事

テーマ:裁判 - ジャンル:政治・経済

TOP