ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

『聖教新聞』事件 第22回
追い詰められた矢野

「午後2時12分」の時点で「日替わり」がなくなっていたことが知らされたとしても、「では食べたのはその前だったかもしれない」といい出したのでは、そもそも「アリバイの証拠」の意味がなくなる。しかしかといって、食べたのは『日替わり』だった」と明代の供述を翻した矢野は、時間帯を無視しても「『日替わりランチ』を食べたこと」に執着するほかなかった。というより、「日替わり」が売り切れていたからといって、いかに矢野でも「やっぱりそれも間違いだった」とはもういえない状況にあることは十分に推測できた。

 しかし取調官はすでに、明代から「『びっくりドンキー』に行ったのは銀行振込のあと」であることを念入りに確認している。したがって矢野は、「『日替わりランチ』を食べた」と言い張れば言い張るほど自分の首を締めてしまうという状況に追い込まれていた。

 そこで取調官は、矢野に対して「すでに売り切れている『日替わりランチ』を食べたと主張すると、逆におかしくなるんですよ」と踏み込んだ。「びっくりドンキー」のアリバイ主張が虚偽だと自白しているようなものだということである。

矢野得意の論理のすり替え

 普通の人間なら、この時点で抵抗を諦めるだろう。しかし、この程度で簡単に口を割るようなら、最初から矢野はアリバイ工作などしなかっただろう。「『日替わりランチ』を食べたと主張すると、逆におかしくなる」といわれた矢野は、今度は「それだけで、(アリバイが)あるとかないとかなんないよ」といい始めたのである。

 一般に、レシートを間違えたぐらいでアリバイがないと断定するのは難しいというのは事実だろう。しかし矢野と明代のケースはたんにレシートを間違えたというようなものではない。

 当初、明代が主張した「レギュラーランチ」が否定されたため、矢野は「日替わりランチ」だったと主張を変えた。千葉によれば、10月7日に行われた東村山署における事情聴取より前に矢野と明代が東京地検に提出した上申書には、「『びっくりドンキー』で午後2時20分過ぎから午後3時20分過ぎまで食事をし、2人とも食べたのは『日替わりランチ』だった」「『日替わりランチ』にはハンバーグにカキフライが付いていた」(いずれも趣旨)と記載している。

 つまり矢野と明代は、万引き事件発生の時間帯にはアリバイがあるとし、その「証拠」として「『日替わりランチ』を食べていた」と主張したのであって、それ以外に「アリバイ」の根拠は主張していない。したがって万引きの時間帯に「日替わり」がないことが明らかになれば、アリバイがないと判断されるのは当然である。そういわれたとたん「それだけではアリバイの有無は判断できない」といい始めるのは、まさに矢野が得意とする論理のすり替えにほかならない。

突きつけられたリスト

 東村山署は万引きの時間帯に矢野と朝木が「びっくりドンキー」で食事をしていたかどうか、明代の供述に基づき座席の位置、食事内容などについて裏付け捜査を行っている。その結果、その時間帯に食事をしていたのは女性の2人連れだったことが判明していた。

 したがって東村山署はメニュー以外にも矢野と明代が「びっくりドンキー」にはいなかったことを裏付ける事実を把握していたのであり、けっして矢野が存在しない「日替わり」を「食べた」と主張していることのみを理由に彼らのアリバイを否定したわけではない。またいうまでもなく万引き被害者は、犯人は朝木明代であると明言している。

 そんな中で、すでに売り切れている「日替わりランチ」を食べたと主張することは、アリバイ主張が虚偽であることを認めるようなものである。「それだけで、(アリバイが)あるとかないとかなんないよ」と話をそらそうとする矢野に取調官はいった。

取調官  うんだから、むしろこれ(筆者注=「『日替わりランチ』を食べたとする主張」)なかった方が良かったんだよね。

 しかしそれでもなお矢野は、万引き当日「びっくりドンキー」に行き、「日替わりランチ」を食べたとする主張だけは引っ込めなかった。万引きの時間帯に「日替わり」がないとすれば、それより前の時間帯しかない。そこで矢野は再び「銀行に立ち寄った午後2時12分より前を調べないと」といい始める。そのやりとりをみよう。



矢野  だから、確かにあそこ(「びっくりドンキー」)へ行った記憶は、どう、だったらこの前にあるの?

取調官  ……いやわからない、だからわからないから……。

矢野  それだったら、こっちを調べないと。

取調官  どっちを?

矢野  2時12分より前の、この「日替わり」の2組を。



 千葉によれば、取調官はこの事情聴取の際、矢野に対して平成7年6月19日の「びっくりドンキー」の注文リストを示し、矢野が主張する時間帯に「日替わりランチ」が売り切れていたことを説明したという。矢野が裁判所に提出した事情聴取記録には記載されていないものの、上記のやりとりにある「この前」や「こっち」という矢野の発言をみると、取調官がこのあたりで注文リストを示していたのではないかと推測できた。

 しかも、矢野の「2時12分より前の」という発言からすると、矢野は「2時12分」よりあとの時間帯には「日替わりランチ」を注文した客がいないことを確認したものと理解できた。リストを見せられた矢野は、取調官の説明になんらの抵抗もすることなく、食事をしたとする当初の時間帯をあっさり放棄してしまったということである。

 食事をしたとする時間帯は東京地検に提出した上申書でも同じ主張をしている。それを簡単に放棄したこと自体、矢野のアリバイ主張には最初からなんら事実の裏付けなどなかったことを示していた。

(つづく)
関連記事

TOP