ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

元市議名誉毀損事件判決(速報)
 元東村山市議、山川昌子が『東村山市民新聞』第186号(平成27年7月31日付)の記事によって名誉を毀損されたとして、同紙を発行する現職東村山市議の矢野穂積と朝木直子(いずれも「草の根市民クラブ」)を提訴していた裁判で、東京地裁立川支部は平成28年7月13日、矢野らに対し連帯して15万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 矢野らは同紙1面で〈1860万円詐欺、元公明市議らが関与〉〈創価、元市議らが仲介して〉などとするタイトルのもと、

〈山川元公明市議は口では被害者女性の味方になってお金を取り戻すそぶりをしていたが、結局はお金を巻き上げる連中の口ききでしかなかった。〉

 などと記載。また2面では〈……政治集団化の先は、「詐欺師集団?」〉〈新興宗教の衣を脱ぎ捨てた集団〉とのタイトルのもと、

〈少なくとも仲介のような役割を果たした山川もと公明党市議も1860万円を返そうとしていないことについて、知らん顔をしています。〉

〈元議員の立場で、貸金の仲介者のような役割を果たしながら、山川元市議は「知らん顔」、あきれた人たちです。〉

 などと記載した。これに対し原告の山川は、「記事は山川が詐欺事件に関与したと断定するもの」と主張していた。

名誉毀損を認定

 判決で東京地裁立川支部は、〈原告がM(筆者注=被告らが詐欺グループの一員と主張する人物)をT(筆者注=被害者)に紹介したことについては、これを認めるに足りる証拠がなく、被告らが原告がMをTに紹介したと信じたことに相当の理由があることを認めるに足りる証拠もない。〉と指摘した上で、

〈そうすると、本件記事のうち、原告がMをTに紹介したとの事実を摘示して、原告が、お金を巻き上げる連中の口ききであり、上記行為について、仲介のような役割を果たしており、上記貸金が返済されないことについて、知らん顔をしているあきれた人だと述べる部分については、事実を摘示して原告の名誉を毀損する内容である〉

 などと述べ、〈原告が被った精神的苦痛に対する慰謝料を支払う義務がある。〉と断じた。
関連記事

TOP