ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

元市議名誉毀損事件 第30回
「わざと出ない」という主観 

 矢野らが次に論点としていたのが、一審が一般読者の読み方として認定した「貸金が(被害者に)返金されないことについて、知らん顔をしているあきれた人だ」とする部分についてである。被害者が塩田らに対して返金を求めて提訴した裁判で和解が成立した後、しばらくして返済が途絶えた。それに対して当然、貸金の回収のためになんらかの努力をすべきであるにもかかわらず、「山川は知らん顔をしているあきれた人だ」と矢野らは主張しているのである。

 山川はこの点について一審で、返済を促す目的で被害者を伴って松田の家に行くなど支援したのであって、「知らん顔」をしていた事実はないと反論していた。同じ内容は、矢野らが〈本件新聞を発行した時点において、……入手済みであった資料〉に含まれる山川自身の陳述書にも記載されている。

 ところが、矢野らが控訴に際して提出した被害者の新たな陳述書にはこんな記載があった。

〈(山川は)刑事告訴が不受理になったあたりから、次第に態度が変わり、電話をしても出てくれなかったり、出てくれてもつっけんどんな態度をとるようになりました。〉

 被害者のこの供述をどう受け取るべきだろうか。そもそもこの供述は客観的なものではない。「出てくれない」といっても被害者が事実を確認したわけではないし、「つっけんどんな態度」というのも主観にすぎない(むしろ、山川は「被害者から相談の電話を受けたときには必ず親身になって聞いてあげた」といっている)。1860万円もの貸金が返ってくる見通しが立たなくなった被害者が疑心暗鬼に陥っていたとすれば、電話がつながらないのを「わざと出てくれない」と思ってしまったとしても不思議はない。

 山川は、被害者が塩田に多額の金を貸し、それが返済されなくなった時点で初めて「どうすればいいか」と相談を受けて事態を知り、被害者を伴って東村山署に相談に行き、弁護士を紹介するなどした。その際、山川は自分ができる範囲の協力をしただけである。あわただしい議員活動の中で、頼まれて協力したにすぎない。それを「次第に態度が変わった」とか、「電話に出てもつっけんどんな態度をとるようになった」などとは思い違いもはなはだしいのではあるまいか。

弁護士の見解にも不信感

 被害者が塩田を提訴した民事訴訟で和解が成立してからしばらくして返済が滞り、さらに塩田が別件で逮捕・収監されたころ、山川は被害者から相談を受けたという。山川はその際、塩田の財産の差し押さえも困難な状況で(弁護士の説明)、「返金を待つしかない」と話したことがあったとも、準備書面で記載していた。

 矢野らはその記載が、〈(山川は)刑事告訴が不受理になったあたりから、次第に態度が変わり〉とする被害者の供述を裏付けていると主張し、また朝木は陳述書で被害者から聴取した話として、被害者は〈山川は「(返金を)待つしかない」などと言い、……被害は放置された〉といっているとして山川を非難している。

 金を借りた側が収監され、財産の差し押さえも困難という客観状況において「待つしかない」と判断し、あるいは被害者にそう伝えることがただちに「(回収を)放置した」ということといえるのかどうか。山川は被害者に対してただ「待つしかない」といったのではなく、弁護士の見解を説明している。そこまで説明を聞けば、普通なら、「待つしかない」が「早急にすべての貸金を回収したいが、相手が収監されるなど、強制的に回収できない状況にある」という意味だと理解できるのではなかろうか。

断片的な発言を「根拠」と主張

「山川は知らん顔をしているあきれた人だ」とする記載の相当の理由を、矢野らはさらにもう1つ挙げていた。山川が松田に対して被害者が「一人暮らしになっちゃったのよね」と話したこと、およびそのことに関する山川と被害者のやりとりである。山川は準備書面で、被害者が一人暮らしになったことを松田に話したことについて被害者から、「山川さんが松田にそんなことを話したからこんなことになった」といわれたことがあったことを認めた上で次のように述べている。

〈「松田があなたの事情を知っていたとしても、そのことと金の貸し借りは関係がない。あなたが貸さなければよかった」といさめたのである。「自分(筆者注=山川)は金の貸し借りには関係ない」といったなどという事実も存在しない。〉

 ところがこれに対して矢野らは、上記の山川の発言を捉えて〈(被害者を)突き放した態度をとった〉と主張し、山川が被害者に対して、「電話に出なくなった」という被害者の主張、「返金は待つしかない」といった事実と合わせ、それらが「山川は知らん顔をしているあきれた人だ」とする記載の相当の根拠であると主張していた。

 しかし、山川が被害者に対して「あなたが貸さなければよかった」といったとしても、これは会話の中の断片にすぎない。またそれまで被害者が山川を信頼し、山川もまた被害者を支援していたという両者の関係からすれば、山川は被害者があらぬ方向に原因を求めることは被害者自身のためにもならないと率直な意見を述べたとみるのが自然である。それを被害者が「突き放した」と受け取ったとすれば、もはや逆恨みという以外にあるまい。 

 なおこの部分の主張においても、〈控訴人ら(筆者注=矢野ら)が本件記事を掲載した本件新聞を発行した時点において、○○(筆者注=被害者実名)を取材することにより同人から聴取済みであった内容及び同人から入手済であった資料からすれば、控訴人らが少なくともこの事実を真実と信ずるについて相当の理由がある。〉と、「十分な資料に基づく記事である」とする主張を付け加えていた。他人が詐欺事件に関与したかのようなタイトルの記事を掲載する以上は当然の話なのだが。

(つづく)
関連記事

TOP