ブログマガジン エアフォース
ブログで興味深い記事を公開していきます。
著書紹介

民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒

『民主主義汚染 東村山市議転落と日本の暗黒』(ユニコン企画発行、長崎出版発売、1200円+税)

現在の“東村山の闇”の原点である議席譲渡事件と女性市議転落死事故についてのルポルタージュ。今は絶版となっていて書店では買えないが、手元に在庫があるので、希望の方はこちらにメールしてください。書籍代+送料でお分けいたします。

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

プールマン

Author:プールマン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

QRコード

QR

FC2カウンター

多摩湖寿会事件 第11回
「証拠」を掲げて追及

 多摩湖寿会の会計問題で山川に対するヒアリングを終えた東村山市健康福祉部は、経費の二重計上や補助対象外経費を補助対象経費として計上していた部分があったことは認定したが、山川が寿会の経費を私的に流用したり、実績報告で虚偽の申告をしようとする意思があったとは確認できなかったと答弁した。これに対して朝木は、「(山川は)厚顔無恥というふうにいうしかない」と前置きし、健康福祉部長の答弁に対し、具体的な実例を挙げて次のように反論した。

朝木  ……平成25年度の入浴料、これも日帰り研修の経費ですけれども、20人が入浴したというふうな、ご自身(筆者注=山川)で報告書も書いてる。それからもちろん領収書はないんですが、1万円計上してるんですよね。ところがこれ、寿会の現役員の方が調査に行ったら、悪いことはできないもんで、この日、この施設はお風呂、宿泊施設ともに改修中で、いっさい入浴については、この日は行っていなかったということがはっきりしてるんですよ。

 朝木がここでいっているのは、「山川が日帰り研修での入浴料として計上している1万円は、施設は入浴ができない状態だったにもかかわらず入浴したものとして計上された架空計上だ」ということである。山川はその1万円を着服したのだと。

 ここで朝木は質問席に立ったまま、クリアファイルに入れた1枚の紙を胸の位置に掲げて、市長を含む市の職員に向けて次のように質問を続けた。 

朝木  で、おそらく、市の方にもこの資料(筆者注=クリアファイルに入れた資料)が行ってるんじゃないですか? ちゃんと書面でね。こういうの、こういうの、日誌のコピー。7月1日、多摩湖寿会のカラオケ室だけは入ってます。だけど入浴については差し止めって書いてある、こういうものも行ってるんじゃないですか? これ、うっかりじゃないじゃないですか。忙しいから入浴料をわざわざ入れちゃったというんですか? そんなバカな話を真に受けるというよりも、そういうふうな言い訳が通用するというふうに、ウチの市はそれが通用するということになるんですか?

 朝木が掲げている「日誌のコピー」とは、どうも施設に残っていた日誌をコピーしてもらってきたものと思われた。現地に調査に行った「寿会の現役員の方」、つまり寿会会長がもらってきたものを、朝木がコピーしてもらったのだろう。そこには大きな文字で「入浴止め」と書いてあった。領収書がなく、施設の資料に「入浴止め」と書いてあれば、その時点において「入浴はできなかった」と考えることは不自然ではない。

朝木はもちろん自信があったから、クリアファイルに入れて掲げたのだろう。朝木としては動かぬ証拠を市に突きつけたというわけだった。朝木がこの「証拠」を示して市を追及している光景は市役所内のロビーおよびインターネットで今現在も広く配信されており、誰でも閲覧することができる。

割り込んできた傍聴者

事前に提出されていた朝木の質問通告書には、この「入浴」の問題については記載されていた。しかし、目の前に資料を示された市としては驚いたことだろう。しかも「ウチの市はそれが通用する」のかと聞かれている。「証拠」を突きつけられれば、これから事実関係を精査するとは簡単には答弁できない。市が答弁に苦慮していると、議長が「休憩」を告げた。

 すると朝木は、発言席に座ったまま次のように主張した。

朝木  何十件もあるんだから、不正計上が。1件だけじゃないんですよ。全部行ってるはずですよ、横領の証拠が。なぜ目をつぶるんですか?

 明らかな「証拠」を突きつけ、状況としては市を黙らせたわけだから、朝木としても勢いづいていたのだろう。答弁する市側は慎重な対応をしようとまだ静まり返っている。するとそこへ突然、傍聴席から年配女性のよく通る声が委員会室に響いた。

「全市に配ったらいいじゃない」

 朝木のいう「横領の証拠」を「全市に配れ」と、この人物は主張しているものと理解する以外になかった。「全市に配れ」とは「全東村山市民に対して配れ」という意味である。

「横領の証拠」があるというなら告訴・告発すべきだと思うが、この人物はそれよりも先に「横領の証拠を東村山市民に対してばらまけ」といっている。つまり、この人物もまた朝木と同様に、捜査機関の判断を待つことなく、「山川は横領をした」と断定したということになろう。

 その上で、この人物はその事実を「全市に配れ」といっている。問題を提起あるいは告発し、行政なり捜査機関の判断を待つのならまだ公益性があるといえるかもしれない。しかし、自己の一方的な主張に基づき、その主張を市内に「ばらまく」という行為は、私憤を晴らそうとするものといわれても仕方がないのではあるまいか。 

ところが市会議員の朝木は、発言権のない傍聴者の、それもとうてい議場には似つかわしくない「『横領の証拠』を全市にばらまけ」という発言にむしろ応えるように、あるいは援護射撃を受けたかのように、より強い口調で断定的にこう主張した。

朝木  横領なんだよ、これ。百条委員会でも作ってよ。

 百条委員会とは地方自治体の首長や議員の疑惑を調査するために設置するものだから、「山川が横領した」と主張する朝木が百条委員会の設置を求めるのは相当にズレた主張である。入浴施設が「入浴止め」だったという「証拠」を所管に突きつけたことで、朝木はよほど冷静さを失っていたのだろうか。

 しかしいかに気持ちが高ぶっていたとしても、「入浴止め」と書かれた記録があったこと、「領収書がない」というだけで、「入浴しなかったにもかかわらず入浴料1万円を計上した」と断定し、さらにそれを「横領なんだよ」と断定してよかったのだろうか。

(つづく)
関連記事

TOP